見て、触って、嗅いで…現場体験授業!~あなたの知らない畳の世界~

福岡テンジン大学福岡テンジン大学

福岡テンジン大学

福岡テンジン大学

福岡の街をキャンパスに、誰もが先生・誰もが生徒になれる「福岡テンジン大学の授業」を、ボランティアスタッフによるレポートでお届けします。

皆さんは畳のあるお部屋に住んでいますか?

最近は引っ越し等で

畳に触れる機会が少なくなったとしても、

畳のあの香りを思い出すと

なんだか懐かしさや癒やしを思い出す方も

多いのではないでしょうか。

今回は、その心地良い香りに満ちた畳屋さんで

授業を行なって来ました。

生徒の皆さんも畳屋さんに来るのは初めてとのこと。

そんなプレミアムな教室での開催です。

まずは先生の笠さんから様々なお話を聞きました。

畳の寿命や手入れの方法等、

畳についての為になる知識がドンドン出てきます。

(例えば)

・畳の歴史はなんと奈良時代から!

今の形になったのは大体江戸時代くらい

・い草=国産、熊本というイメージが強いけれど、

最近ではほとんどが中国産になっていた時代も

・最近では3割くらいが畳の無い住宅を建てている(!)

・畳は湿気を吸ってくれる、日本の風土に合った建具。

(でも最近の住宅は気密性が高いので、

扇風機や除湿機が必要)

でも1番心に響いたのは、

笠さんの畳やご自身のお仕事に対しての

真摯な姿勢でした。

笠さんは17歳のときに

お祖父さんのお手伝いをしてから

12年畳屋さんを続けられて来て、

畳の醍醐味やお客さんに喜んで頂ける喜びに

畳屋さんとしてのやりがいを感じているそうです。

その中から、様々な体験や人との出会いについても

お話し頂きました。

例えば、

笠さんはい草の農家さんの所にも行って

お仕事を手伝ったりもしています。

その仕事は忙しいときは早朝5時からい草の加工をし、

お昼からは畑に行って夕方まで作業と、

聞くだけでも大変そうな重労働です。

「そうやって農家さんの思いをつむいで、

畳の本当の価値を伝えたい」とのことですが、

事実、外国だと作り方に違いが出て、含水率が低く、

すぐに乾燥してしまう畳になってしまいます。

ですから、笠さんからの

「直接肌に触れる物だからこそ、国産を選んで欲しい」

という言葉には会場全体のうなずきが

グッと深くなる時間が生まれていました。

また畳の魅力として、

裏返しについても教えてもらいました。

(裏返し:畳のい草だけの面を剥がし、

裏返したり新しい物に交換する作業)

笠さんいわく、

「畳は3度楽しめる!」とのこと。

その3度とは…

1.できたての畳の青さを味わい、

2.日に焼けて表情が黄色くなっていく

落ち着きを楽しみ、

3.畳の面を裏返して新品とも違う青みに触れる

なんだそうです。

しかもその期間(畳の寿命)は8〜10年で、

土台は15〜20年は持ちます。

日々の生活を共にしながら、

長い期間を掛けて変化を楽しめる存在は

とても魅力的ですね。

なんだか革製品を持つときの感覚を思い出しました。

ここで豆知識!

「もしも畳にお醤油をこぼしてしまったら?」

「マジックインキを当ててしまったら?」

そんな時に使える裏技も教えてもらいました。

(お醤油には、)

小麦粉を振りかけて吸収させて、塊を拭き取り、

乾拭き。

(マジックには、)

ミョウバンを振りかけて、根気よく手で擦り付け、

乾拭き。

たったコレだけです!

覚えておきたい便利な裏ワザですね。

続いては、実際に先生が畳の縁の部分、

畳縁を縫う様子を見学します。

畳縁には「全部見れない」ほどの

バリエーションがありました。

ここでお客さん一人一人の個性を出せるのも

魅力の1つですね。

使用するのは巨大なミシン台の機械!

畳をセットして、そこに沿ってミシン台が動きます。

この機械を使い、

・平縫い

・折り曲げ

(角の折り込みの仕上がりに熟練の技が光るそうです)

・返し縫い

という工程を見せて頂きました。

縫い変えた物と前からの物を並べると、

雰囲気がガラリと変わったのがとても良く分かります。

次は私たちが手を動かす番です。

小さな畳を使って、

コースターづくりにチャレンジしました。

自分の好きなテープを選び、

それを畳を囲う様に貼り付けます。

自分の分の畳を貰えるのは嬉しいですよね。

今日聞いた話も一緒に持って帰られそうです。

そして最後は今日1日の振り返り。

生徒さんたちからは、

「畳が匂いや見た目だけじゃなくて、

長い間使われていた理由が有った事が

良く分かりました」

「ものづくりの現場に来たのは初めてだったけど、

1つの物に掛ける機械や工程を知れて良かった」

といった感想をいただきました。

最後に、コーディネイターの執行さんから。

今回の授業のきっかけは、彼女自身が

鶴田畳店さんの出展されたブースと出会った事でした。

「誰に聞けば?

みたいなハードルが笠さんを知れて下がったのでは。

これからも、例えばホームページやイベントを通じて

またお会いしてください。」

(鶴田畳店さんは様々なイベントへのご出店や

facebookページを運営したりもしていますよ!)

https://www.facebook.com/turutatatamiten/?fref=ts

授業を通して、僕自身、

畳屋さんのイメージが大分変わりました。

その人に合わせたオーダーでオリジナルの物を作り、

メンテナンス等で畳屋さんとお付き合いを続けられる。

そんな人と人、

一対一の付き合いが重なるお仕事は素晴らしく、

日本特有の文化に親しみながら

私たちが末永く接点を持てる事への喜びも覚えました。

いつか畳屋さんにオーダーをお願いする未来が

今から楽しみです。

(ボランティアスタッフ 山路祐一郎)

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO