こどもも大人も思わず夢中!「おいでよ!絵本ミュージアム2017」体験レポート

サイエンスWAOサイエンスWAO

サイエンスWAO

サイエンスWAO

福岡市科学館ネットワークが提供する科学とくらしをつなぐオンラインマガジン。

2017年のテーマは「いっしょに」


「おいでよ!絵本ミュージアム」では、毎年取り上げる絵本を変え、展示と空間全体でそれぞれの絵本の世界を再現しています。

今年は展示開催10周年記念ということで「いっしょに」がテーマ。「ピクニック」、「ふたりはともだち」、「すてきな3にんぐみ」、「どうぞのいす」「11ぴきのねこ」「ぐるんぱのようちえん」「いないいないばあ」という、近年発行されたものから定番のものまで、幅広い年代に向けた絵本が取り上げられています。

夜のシーンが多い「すてきな3にんぐみ」の世界を表現したコーナーでは、泣き出してしまうこどもがいたほど。「ふたりはともだち」の「おてがみ」という話をなぞり、がまくんとかえるくんに手紙を出せるコーナーや、「どうぞのいす」に座って写真が撮れるコーナーなど、全身で絵本の世界を体験することができます。


絵本と出会う


展示会場のあちこちには、座るスペースとともにたくさんの絵本が置いてあります。

「ぼくのにせもののつくりかた」「りんごかもしれない」など、ヒット絵本の作者ヨシタケシンスケさんが送る「このあとどうしちゃおう」を何気なく手にとって読んでみたら、思いがけずほろっと泣いてしまいました。

懐かしの絵本を読みふけるもよし、新たな絵本と出会うもよし。自分の好きなように絵本と触れられるのも、この展示の楽しみのひとつですね。

ブラックライトに照らされた暗い小部屋では、点字の絵本が用意されています。いつもと違うアプローチから絵本を見るという新鮮な体験でした。

本という平面と自分の想像力の中から飛び出し、立体の実物大のものとして表現された絵本の世界。全身でその世界を体験することで、絵本のもつ魅力を再発見できる気がします。

「おいでよ!絵本ミュージアム2017」の会期も終わり、素敵な夏休みの思い出になりました。また来年開催されるようでしたら、ぜひ参加したいイベントのひとつです。

おいでよ!絵本ミュージアム2017

福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービル7・8階)
7月20日(木)~8月20日(日)
10:0018:00(入場は17:30まで)
大人 1000円 高校・大学生 700円 小・中学生 500円 未就学児無料
Webサイト おいでよ!絵本ミュージアム2017

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO