三瀬温泉「やまびこの湯」独り家族風呂の後にお食事ランチと農産物直売所。

佐賀ポータル佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀市を中心とした、佐賀南部地域の情報を発信しています。

三瀬温泉やまびこの湯、独りで家族風呂に行ってきましたよ。

三瀬行ってきました、今回は温泉です。実は私、過去に重量物を運搬中にヘルニアになりまして、最近はほぼ痛みもなく普通に過ごしていたのです。が、先日たまたま半額という言葉に釣られ、整体院でマッサージを受けたところヘルニアが悪化。今まで感じたことが無い痛みで、腰よりも左足に激痛がはしり歩くのさえ困難な状況になりました。ヘルニアの人は、矯正系のマッサージには十分に気を付けてください。

そこでヘルニアになった時にお世話になった整骨院に通いつつ、怪我を癒すなら温泉が良いんじゃないかということで三瀬温泉「やまびこの湯」へ行ってきました。いつも通り道にあるのを見ていて気になってたんですよね、ちょうど良い機会なのでがっつりレポートしますよ。

三瀬温泉1

まずはエントランス、ここで靴を脱ぎます。

三瀬温泉2

フロントにある券売機で入浴券を購入。一人でも家族風呂を使えるか聞いたら、家族風呂と入浴券の両方を購入すればオッケーとの事。

家族風呂60分1,020円と入浴券510円、合わせて1,530円。整体とか書いてありますけど、やっちまった直後だけに今日はいいや。ヘルニアは怪我ですからね、ちゃんと病院や専門の治療院に行った方がいいです。

三瀬温泉3

準備に少し時間がかかるとのことなので、館内をぶらり。フロントの前には売店があります。

三瀬温泉4

ソファーが置かれたロビー、田舎の温泉だけに静かでゆったりしてます。

三瀬温泉5

10分200円で利用できるマッサージチェア。

三瀬温泉6

無料で利用できる大広間もあります、昼時になったらお弁当を食べに来る人とかが居そうです。私が訪れたのは夏の暑い時期、クーラーはガンガンに効いています。会社の近くにこんな場所があったら、昼寝にとっても便利ですよ。三瀬温泉の近くでいい仕事ないかな。

三瀬温泉7

館内をうろついていると、スタッフが用意ができたと家族風呂の鍵を持ってきてくれました。

三瀬温泉の家族風呂へ!

家族風呂は全部で6室、廊下に沿ってずらっと並んでいます。さすがに平日の午前中だけあってガラガラ、これだから平日が休みの仕事は辞められない。イベントに行けないのは不便なんだけど…はやくフリーにならねば!

三瀬温泉8

案内されたのは城山という家族風呂。

三瀬温泉の家族風呂は休憩室付きのものではなく、脱衣所と風呂ですね。まず脱衣所のクーラーをガンガンに効かせて、涼むスペースを冷やしておきます。

三瀬温泉9

ドライアーが備え付けでありますが、ブラシなどは持ち込みが必要。

三瀬温泉10

お風呂のアメニティはリンスインシャンプーとボディーソープ。立ち寄り湯なので、タオルやアメニティ系は持ち込みが基本ですね。

三瀬温泉11

お風呂は石造り、ゆっくり体を伸ばして入れます。たまには広い風呂に浸かりたいですよね。

三瀬温泉12

まどの外に広がるのどかな山里の風景。福岡市内にある我が家から30分くらいの所ですからね、凄いでしょ。三瀬は近場にある田舎、すんごく良い場所なんです。

三瀬温泉13

のぼせて来たらガンガンに冷やした脱衣所へ、扇風機にあたって火照りを冷ましてまた入浴。贅沢な時間。体重計があったので乗ってみたら…やばい、畑で汗かいてるはずなのに。

三瀬温泉14

ゆっくり体を伸ばしたり、体を浮かせたりしながら温泉を存分に楽しんでおります。少し左足の痛みもマシになった気がする。腰が悪いのに左足が痛いのは軟骨が潰れてヘルニアになってる部分に左足の神経があるからなんですよ、ヘルニアになって以来左足の力が極端に弱くなってるし。

怪我には十分注意してください。

ということで1時間、目いっぱい使った湯治の後はご飯でも食べましょうか。




やまびこの湯は食事も出来ます

せっかく三瀬温泉に来たので、どうせならここでランチも食べていきましょう。食堂の場所を館内図でチェック、ランチは軽食コーナーで食べます。地下には会議室やカラオケルームもあるんですね。

三瀬温泉15

フロントの前を通って、最初に見た売店を抜けるとその先に食堂が軽食コーナーがあります。オーダーストップは20:00と書いてあるので、早い時間なら夕食も食べられますね。

三瀬温泉16

食事は食券を事前に購入し、セルフサービスとなっています。

三瀬温泉17

写真付きのメニューも置いてあるので、料理のイメージがしやすい。

三瀬温泉19

他に季節メニューもありますね。

三瀬温泉18

食券を購入してカウンターへ。厨房はオープンキッチン、セルフサービスなので返却場所もあります。

三瀬温泉20

注文したのはこちら、三瀬ふもと赤鶏のチキン南蛮。メッチャ美味しそうでしょ。

三瀬温泉21

産地で食べる野菜サラダが美味しいのはもう間違いないので、ここはやっぱりメインのチキン南蛮。

三瀬温泉22

モモ肉じゃなくむね肉でしょうか、脂分の少ない鶏肉です。衣はカリカリを通り越してサクッじゃなくザクッいや、バリッかな、と音が出るくらいハードな仕上がり。鶏肉は旨みがギュッとしていて美味しいのと、なんといっても

タルタルソースがマジうめぇ!

濃厚で酸味が効いていますね、余るくらいタップリかかっているのでタルタル好きにはたまりませんよコレ。

三瀬温泉23

チキン南蛮なんですけどチキンを酢にくぐらせたタイプじゃなく、甘酢に後からつけて食べるようになってます。この甘酢がまた生姜味が効いていて、甘味と酸味が優しくて絶妙。

タルタルと合わせると、味にグッと深みが出てこれまた美味しいんですよ。

三瀬温泉24

いやいや、このボリュームと味なら十分です。とっても美味しい。味噌汁は塩加減がとってもよくて、味噌は田舎味噌。温泉の食堂にある軽い食事と思っていたら、かなり本格的な味付けの料理でした。

さて、ランチを済ましたので、もう少し館内を探検して次の目的地へ向かいますか。

温泉にある農産物直売所

軽食コーナーをでたらゲームコーナーがありました。懐かしいなぁ、むかしアミューズメント機器の販売をやってた事もあるんですよ。クレーンなどのプライズゲーム(景品ゲーム)が一時期バカ売れして、今の給料の5倍以上稼いでましたからね。いい時代だった。

三瀬温泉25

ここがレストランですね、普段は使われていないのでしょうか。すんごい景色ですよ。

三瀬温泉26

レストランの近くに地下へと下りる階段があり、降りた先にはカラオケルームと会議室があるはず。あんまりゆっくりしていても次があるので、そろそろお暇しましょうか。

温泉と美味しいランチを堪能して外にでると、正面に農産物直売所がありました。

三瀬温泉27

営業時間は10:00から17:30、定休日は第二水曜日だそうです。ちょっと覗いてみましょう。

三瀬温泉28

ゆるーくアーチを描いた店内、新鮮な三瀬高原の高原野菜から味噌などの特産品まで。いろいろ販売されてます。

三瀬温泉29

三瀬には観光ブルーベリー農園もありますよね、新鮮な産直ブルーベリーが売られてますよ。

三瀬温泉30

三瀬産やまびこ味噌と柚子胡椒のセット。そういえば、さっきの味噌汁はここの味噌なのかな。美味しかったです。

三瀬温泉31

お饅頭なんかも売られています、田舎のこういうスイーツが素朴で美味しいんですよね。

三瀬温泉32

味噌に米糀、塩糀なども売られています。今日はここから佐賀方面に向かうので、自動車内に放置するのはまずいよね、夏だし。また次の機会に何か買いに来てみましょう。というか、ここじゃなくても「ロッジやまびこ」でも確か売ってましたよね。こんど寄ってみよう。

三瀬温泉33

「ロッジやまびこ」佐賀三瀬の魅力がギュッと詰まったステキな直売所

ということで三瀬温泉「やまびこの湯」を堪能したわけですが、特別何か設備が優れてるとかじゃなく普通の大衆向けの立ち寄り湯。けどね、なんて言うんだろ、この風景と立地、そして人が少なく静かでのんびりした雰囲気が相まって「とにかくゆる~い感じ」なんです。

このゆるさがたまらなく心地いいですね、抜け出せなくなりそうです。ちゃんとした旅館の立ち寄り湯とか、豪華設備のスーパー銭湯系の温泉とは違う「キッチリしてない」感じが最高にいい場所でした。





肩ひじ張らず、力を抜いてマッタリするには最適な場所。最初は古湯温泉に行こうとしていて、とある旅館に家族風呂の予約をしようと電話をしたけど休みとのアナウンス。二日続けて休みというじゃないですか。そこで三瀬温泉に立ち寄ってみようと思ったんですよね。

ほんと大衆向けの温泉で、タオル片手にぶらっと立ち寄るには最高の温泉でした。私にはこっちのほうが合ってるかな。

「三瀬温泉やまびこの湯」

MAP:佐賀市三瀬村藤原3929-2⇒ Googleマップへ

温泉営業時間:10:00から22:00(最終入浴受付21:20)、家族風呂受付10:00から17:30(満室時は受付できません)

レストラン営業時間:11:00から20:00(オーダーストップ)

直売所営業時間:4月9月 9:00から17:30、10月3月 9:00から17:00

休館日:第二水曜日(祝日の場合はその翌日)

三瀬温泉やまびこの湯公式サイト⇒http://www.yamabikonoyu.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Follow @SagaPortal
 

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO