「山口亮一旧宅」佐賀の街中に現存する江戸時代の古民家!くど造りの見事な邸宅

佐賀ポータル佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀市を中心とした、佐賀南部地域の情報を発信しています。

「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。

佐賀の街を歩いていると、思わず「おっ」と目がいく建物がありますよね。レトロというか、古い建物が無造作に点在している面白い町。先日も与賀神社の参道を神社前から一の鳥居まで歩いていると、佐賀大学近くTSUTAYAの裏道に「山口亮一旧宅」という看板を見つけました。どこにあるのか通りを見てみると、見事な「くど造」りの家が見えました。

「うわっ、こんなところに古民家があるんや」こういう驚きがあるのが佐賀。やっぱ面白いですよね。

場所はちょうど積文館のTSUTAYAとユメマートの間の道、この道は江戸時代から残る小路。与賀神社の参道です。

山口亮一旧宅1

与賀神社から歩いてきて、大通りを渡ってすぐ。与賀神社二の鳥居のちょっと手前の曲がり角に、案内看板がありました。

山口亮一旧宅2

道路左に見えているのがTSUTAYAです、その先にほら、見事な茅葺屋根。マジで「えっ、こんなところに?」でしょ。

山口亮一旧宅3

近づいてい見ると、どうですかこの見事な古民家。これは面白い建物を見つけました、佐賀ポータルとして立ち寄らないわけにはいきません。

山口亮一旧宅3

こういう屋根が段違いになっていたりするのがたまりませんよね、真っ直ぐにした方が簡単だと思うんですけど。ちゃ~んと意味があるんでしょう。

山口亮一旧宅5

外から見るだけかと思ったら、一般公開されています。これは当たり!大当たりです。来てよかった。

山口亮一旧宅6

休館日は月曜日。それ以外は、10時から16時まで開いています。

山口亮一旧宅7

家の中は歴史を感じさせる重厚な造り、スタッフの話によると築250年以上の民家だとか。

山口亮一旧宅8

座敷の方にへと進んでいくと、見事な欄間。植物が透かしのように掘られています。

山口亮一旧宅9

床の間もいいですね。この日は家主であった山口亮一氏の作品展が開催されていました。

山口亮一旧宅10

入ってきた入り口方向。

山口亮一旧宅10

本物の古い家が持つ重厚で落ち着いた屋内、広々として明るく開放的な座敷。

山口亮一旧宅12

入り口からちょうどL字を書くように配置された座敷、一番奥の部屋にやってきました。

天井の梁が太い、迫力あります。ドシっとした造りになっていて、今時の家より遥かに丈夫に見えます。

山口亮一旧宅13

部屋に置かれた机も古くて、使い込まれています。

山口亮一旧宅14

山口亮一氏が使用していたと思われる画材道具。

山口亮一旧宅15

写真も飾られいます。家族の写真でしょうか。

山口亮一旧宅16

表の座敷と違い、居室は少し天井が低く張りも武骨な大きい木材が使われています。

山口亮一旧宅17

様々な絵画が展示されていますね。私はこの手の芸術というものに疎いのです。少し残念。

というかね、詳しい人たちがとてつもなく難しくしちゃうから、にわかファンとか素人はとっつきにくいんですよ。よく「マニアが業界を潰す」って言いますけど、芸術の世界もそういうところがあるんじゃないでしょうか。

山口亮一旧宅18

写真も好きだったそうで、写真作品も飾られていました。

山口亮一旧宅19

神埼市にある櫛田神社の祭りの様子を描いた巻物。

山口亮一旧宅20

書院の上に使われているアールを描いた木。細かい所ですけど、シャレてますね。

山口亮一旧宅21

見学できるのは座敷だけですが、歴史を感じる日本家屋。本物だけが持つ迫力と雰囲気、とっても心が安らぎます。扉の先にも部屋がある。ここから先は公開されていなんでしょうか、気になるなぁ。

山口亮一旧宅22

二階にも部屋があるそうなのですが、老朽化のために公開していないそうです。古い建物は残すだけでも大変ですもんね。

ということで室内を一通り見て回った後、一度そとへ出て庭へ向かいます。

山口亮一旧宅23

庭から見た山口亮一旧宅。茅葺の純和風、こういう家を見ると落ち着きますね。

山口亮一旧宅24

佐賀と言えばクリーク、ここも家の裏にはクリークがあります。ほんと、佐賀の生活は水路と共にあったんですね。

山口亮一旧宅25

広くはありませんが、とっても綺麗に整備された庭。

山口亮一旧宅26

この建物は天保年間(1830年から1844年)ごろに白石町の須古から移築されました。天保年間といえば、天保8年に大塩平八郎の乱が大阪で起きています。この反乱は江戸幕府成立後、幕府旗本が出陣する合戦としては島原の乱依頼200年ぶりの戦でした。

明治元年が1868年ですから、少しずつ幕府の力に陰りが見え始めていた時代ですね。

明治期に大規模な改築が行われたそうですが、それでも見応えは十分、駐車場も整備されています。

山口亮一旧宅27

この家の所有者であった山口亮一氏は、1880年生まれ、佐賀市出身の洋画家。東京美術学校卒業後は佐賀へ帰郷し、この家で創作活動や後進の育成にあたりました。

現在は佐賀市の所有となり、NPO法人「まちづくり研究所」が管理運営を行っています。

古い建物は、残していくのが大変だと思います。少しでも多くの方に知ってもらい、貴重な建物を後世に残していきたいですね。

「山口亮一旧宅」

MAP:佐賀市与賀町1368-1⇒ Googleマップへ

開館時間:10:00から16:00

休館日:月曜日

※この記事は私が訪問した時のものです、開館時間や休館日など内容が変更になっていることがあります。最新情報、詳細は公式サイトなどで直接運営者ご確認ください。

山口亮一旧宅公式サイト⇒http://www1.bbiq.jp/machiken/

「山口家住宅」江戸時代末期の民家。佐賀と福岡の一部にだけ見られる珍しい建物。

与賀城跡「龍泰寺」龍造寺家の菩提寺、佐賀城本丸広屋敷の部材が使われたお寺

「龍造寺(高寺)」戦国佐賀と言えば龍造寺!龍造寺姓の由来となったお寺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Follow @SagaPortal
 

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO