「武富勝彦の蓮根麺」佐賀の有機蓮根を使用したご当地グルメ!ヘルシーな野菜麺

佐賀ポータル佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀ポータル

佐賀市を中心とした、佐賀南部地域の情報を発信しています。

蓮根麺

「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。

佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位。まあ、1位の茨城県が30,500t、2位徳島県が7,380t、そして佐賀が4,420t(データは2013年11月8日発表のもの)なので、茨城がダントツで凄いんですけど、それでも佐賀だって立派な蓮根産地なんです。そこで登場するのが「蓮根麺」、佐賀で自然栽培された蓮根の粉末をふんだんに使った野菜麺。なんだか気になったので、買ってきました。

売ってたのはココ、佐賀城跡のすぐ近くにある「佐賀レトロ館」。元は明治20年に建築された、警察の庁舎だった建物。

蓮根麺1

スローフードレストランやカフェ、ベーカリーが入居する明治の洋館。1階にはお土産コーナーがあるんです。

蓮根麺2

佐賀市内の特産品を中心に、ずらりと並ぶお土産品。なんか記事にするのに面白い物ないかなぁ~と物色していると・・・ふと目線が止まったのがコレ「蓮根麺」税込432円。今まで何度も目にしていたはずなんですけど、なぜか今日に限って気になる存在。

蓮根麺3

「よしっ、いっちょ食べてみるか」ということで、買ってきました。

「武富勝彦の蓮根麺」と書いてありますね。この武富勝彦さんという人は、佐賀県で循環型農法による古代米生産を行っている生産農家。なんと!2002年にはイタリアのスローフード協会より、日本人初のスローフードアワードを受賞したという凄い人なんです。業界では知る人ぞ知る有名人なのでしょうね。

蓮根麺4

蓮根って食物繊維が豊富な野菜ですよね、食感がシャキシャキして繊維って感じですもん。そうそう、粘りもありますよ。「もちっと、しゃきっと美味しい」まさにピッタリのキャッチフレーズ。

蓮根麺5

原材料は小麦粉、食塩、蓮根と実にシンプル。さすがに蓮根の十割麺とはいかなかったようで、つなぎに小麦粉を使っているようです。販売者の葦農(よしのう)は武富 勝彦さんが代表を務める会社。江北町にあるんですね。

蓮根麺6

使っている塩も、健康に配慮したものを使っています。

そして作り方が書いてありますので、この通りにやってみましょう。

蓮根麺7

袋から出してみました。見た目は太めの蕎麦みたいな感じでしょうか。更科までいきませんが、少し白い蕎麦のような見た目。ところどころ粒々が見えるのは蓮根の皮かな?

蓮根麺8

乾麺でよく見かける、少し楕円形をした麺です。

蓮根麺9

それでは沸騰したお湯に入れて・・・4分から8分って倍じゃん!

と、とりあえず、4分以上は茹でるとして、間をとって6分茹でてみましょう。

蓮根麺10

茹でたらザルに開けて冷水で冷やします。

蓮根麺11

冷蔵庫にあった物を適当に出してきて、めんつゆを用意して出来上がり。海苔があったら佐賀らしくなったんだけど、残念ながら切らしてました。

蓮根麺12

少しくすんだグレーに茶色が混ざった感じ、見た目は蕎麦っぽいですね。

蓮根麺13

それではさっそく、ズズッと食べてみます。

蓮根麺14

おっ、麺の味がシッカリしてます。アッサリした味の蓮根ですが、そのあっさり味がシッカリ感じられます。そしてもちっとしながら、太さがあるのでプツンと切れる感じ。食感もいいですね。

蓮根麺15

いやいや、かなり美味しいですよ。地元の農産物を使った特産品って、当たり外れが大きいじゃないですか。お土産屋さんに沢山並んでいる特産品を見ると、補助金目的なのか、売るよりも開発したという実績作りが目的なのか、お土産の為の商品が氾濫していますよね。

そんな中で、この蓮根麺は真面目に作られているように感じます。健康志向の食品だけにお値段は少し高めですが、数多ある土産用に作られた商品群とは違いますね。堂々とヘルシーフードと名乗れるレベル。

蓮根麺16

蓮根という地味な野菜を、乾麺というこれまた地味な商品でシッカリ作った蓮根麺。話題性だとか、シャレで作ったみたいなネタに走った特産品とは一線を画する、本格派のヘルシーフド。

蓮根は食物繊維が豊富で、レモン並みのビタミンCを含む健康野菜。切った時に糸を引く粘りは、納豆と同じムチンという物質なんです。とっても体に良い野菜なんですが、一度にたくさん食べる事ってあんまりないですよね。

しかし、粉末にして麺料理にすれば、日常的にたくさん食べられますよね。美味しく手軽に食べられるので、今度は暖かい蕎麦風にして食べてみたいですね。麺の味がシッカリしているので、鶏そばみたいにコクのある出汁に合いそう。

うん、これは当たりでした。

「武富勝彦の蓮根麺」

葦農公式サイト⇒http://www.yoshinou.jp/

「竹崎かにしゅうまい」おいしいね!佐賀のお土産『イカしゅうまい』に飽きたらカニですよ。

「ミンチコロッケ」魚肉コロッケの究極進化!安くてウマい佐賀小城市のB級グルメ

「うまかのり梅」うまい!高低の差が激しい田舎グルメ。コレは間違いなくハイクオリティ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Follow @SagaPortal

 

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO