走って伝えてスナッピー、40年 RKBラジオ、無事故で年1500ヵ所生中継

西日本新聞 ニュース西日本新聞 ニュース

西日本新聞 ニュース

西日本新聞 ニュース

九州を発行エリアとする福岡の新聞社。きめ細やかな地域密着ニュースをpiQに配信します。

5ccd26a1e0

 今日は街へ、明日は山へ、時にはアポ(約束)なしの突撃取材も-。RKBラジオ(福岡市早良区百道浜)の移動中継車「スナッピー」が7月、誕生から40年を迎える。女性2人組のリポーターが自らハンドルを握り、機材を調整して生中継するスタイルは、スタート当初は珍しかったという。以来、総勢179人の「キャスタードライバー」が小回りを利かせ、北部九州各地から電波を届けてきた。

 上下黄色のパンタロンスーツ、車のボンネットと側面には大きな「RKB」の文字。1975年の誕生当時、スナッピーはとにかく目立った。交差点で停車していると、タクシーと間違えられて窓をたたかれることもしばしば。

 1期生の和田康素子(やすこ)さん(64)=福岡市博多区=は、実家の家具店を手伝っていた20代半ばのころ、ラジオから聞こえてきたリポーター募集の告知に「人生を変えよう」と一念発起して応募した。「取材風景を写真に撮りに来る人も大勢いた。『ご当地アイドル』の先駆けよ」と笑う。現在の職業はフリーライター。スナッピーでの経験をきっかけに、情報を発信する仕事に携わってきた。

 華やかなイメージも手伝い、応募者は年々増加。85年の11期生は7人の募集に300人が応募した。超難関を突破した磯田久美子さん(52)は「毎日の反省会はとても厳しかった」と振り返る。3年間、スナッピーに乗り込み、現在はフリーアナウンサーとして活躍。「インタビューの基本をたたき込まれた」と話す。

   □    □

 スナッピーは年間約1500カ所から中継する。「黒ごま(黒山)の人だかりです」「クマ(黒い馬)に乗った宮司が」…。生中継ならではの“迷言”も飛び出す一方、シリアスな現場に遭遇することもあった。

 2005年3月20日午前10時53分、30期生の正福里奈さん(36)は福岡市のヤフードーム(現ヤフオクドーム)でラン展のリポート中、激しい揺れに襲われた。福岡沖地震。「一瞬頭が真っ白になった」が、そのまま会場内の様子を実況し、放送メディアでの第一報となった。1999年6月29日に同市などを襲った豪雨の際は、水没したJR博多駅周辺にリポーターが駆け付け、膝まで水に漬かりながら混乱を伝えた。

 40年間、人身事故は一度もない。RKBラジオ局編成制作部の担当者は「事故を起こせば、その時点でスナッピーの歴史は終わる」。街の今を伝えるため、スナッピーは今日もどこかを走っている。

    ◇      ◇

 ●現役ペアへの同行ルポ

 午前8時半すぎ、スポーツタイプ多目的車(SUV)のスナッピー2号車がRKBを後にした。車上にはリポート歴3年目の39期生、吉野千緩(ちひろ)さん(24)と江口香織さん(24)。情報番組の生リポートに出発だ。

 「右オーライ、左巻き込み大丈夫」。取材先への移動中は、道を曲がったり車線変更したりするたびに声を出して安全確認。必ずペアで行動し、1人が取材とリポートを、もう1人が車の運転と無線機器の操作を受け持つ。一つの取材ごとに担当を入れ替える。

 この日のテーマは「子どものころに怖かったもの」。番組の進行に応じて行き先を選び、取材対象を探す。道行く人に声を掛け、断られても繰り返す。約1時間、車は市境を越え糸島市へ。訪ねた先の民家で家の裏の小さな池が怖かったという女性の話を聞き出した。

 江口さんが詳しいエピソードを取材し、リポートの構成を考える。その間、吉野さんは高さ6メートルのアンテナを車に立て、電波チェック。山に囲まれた地形で苦戦したが、アンテナを少しずつ回し、感度良好のポイントを探り当てた。この間1時間弱。「スナッピー2号車の江口でーす」。3分51秒間のリポートを無事届けることができた。

 「スナッピー」は英語で「きびきびした」「元気が良い」という意味。吉野さんは「私たちはラジオを聞く人に現場の様子を届けるカメラの役割。地域の人や物事のおもしろさを、少しでも生き生きと伝えたい」。さあ、次の現場へ。


=2015/06/15付 西日本新聞夕刊=

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO