昭和にタイムスリップ。福岡ののんびりレトロ銭湯のススメ

mymomymo

mymo

mymo

アレのこと、見て見ぬふりをしてきました。でも、ずっと気になってはいたんです。私の、お金のこと、もっと考える。mymo(マイモ)で、賢い生活、はじめます。

銭湯壁画

出典元:PhotoAC

昭和にタイムスリップ。福岡ののんびりレトロ銭湯のススメ

2016.12.9 価値ある時間

寒くなる季節、恋しくなるのはあったかい「お風呂」。じつは福岡には昔ながらのレトロな銭湯が多いんです。「湯」と書かれたのれんをくぐれば、昭和の時代にタイムスリップ。富士山の書かれた壁画、古い番台や下駄箱など、のんびりどこか郷愁をさそう世界が広がります。

今回は、そんな心も体もあったまる銭湯をご紹介します!

銭湯の効能って?

広い銭湯内の様子

「銭湯っていっても、温泉でもないんだし家のお風呂と同じでしょ?」と思っている方。それは違います!

あの大きな空間ならではの効果が、いろいろとあるのです。

α波が出ている
大きな湯船のほうが広い空間でリラックスできるため、人間の脳からα波が出るそうです。このα波がたくさん出ると、免疫力がアップし、風邪などを引きにくくなります。

マイナスイオンが豊富
マイナスイオンはお風呂で水が飛ぶときに出るもので、リラックス効果が期待できます。家のお風呂にも多少のマイナスイオンはありますが、大きな空間のほうが、よりたくさんのマイナスイオンが放出されます。

血行が良くなる
お湯につかると体の新陳代謝が活発になります。また、銭湯によくある泡風呂(ジャグジー)などは、マッサージとしての役目も果たします。

銭湯は公衆の場。マナーを守りましょう

銭湯壁画

銭湯は正式には公衆浴場といいます。戦後、誰でもお風呂に入れるように普及したもので、公共の場であり、近所の人たちのふれあいの場でもありました。そこで、銭湯に初めて行く人のために、知っておきたいマナーを紹介します。

・靴は下駄箱に入れて自分で鍵を持っておく。
・同じくロッカーの鍵も自分で持っておく。
・髪が長い人はまとめておく。
・浴槽に入る前にシャワーなどで体の汚れを落とす。
・タオルを浴槽内に入れない。
・必ず体を拭いて余分な水分を取ってから脱衣所へ。

お風呂場のマナー以外でも、挨拶をされたら挨拶を返す、使ったものは元の場所に置くなど、日常のマナーを守って銭湯を楽しみましょう!

福岡市内のレトロ銭湯に行ってみよう

銭湯のぼり

福岡県公衆浴場生活衛生同業組合に入っている銭湯には、上の写真のように「みんなのまちのおふろやさん」と書かれた青い生地に赤い文字ののぼりがあがっています。こののぼりを目印に行ってみましょう。入浴料は一律大人440円、小人70円です。
ここで、組合に入っている福岡市内の銭湯のうち4ヵ所ををご紹介します!

・本庄湯

本庄湯の外観


今泉公園の近くにある銭湯で、見たことがある人もきっと多いはず。木の番台や下駄箱などからか、ほのかな木の香りがして何だか健康に良さそう。 昭和レトロな雰囲気ながら、子どものためのイベントもあり、小学生の常連もいるそうですよ。

本庄湯

福岡市中央区今泉1-3-10

・東湯

東湯の壁画


戦前から同じ場所でずっと営業されていただけあって、地域の常連さんが多い!とは言っても、一人でも入りやすい雰囲気なのでご安心を。開業当初からある下駄箱や、年代物のタイルなど、レトロ感満載です。お風呂は北海道産出風化サンゴ化石が入ったアルカリ泉です。

東湯

福岡市博多区千代1-29-3

・西公園浴場

西公園浴場の外観


西公園近くにある小さな銭湯ですが、こちらのお湯は温泉なんです。ぬるりとした泉質でお肌がきれいになると、女性に人気なんだとか。看板にも「美肌の湯」とあります。月一回ですが朝風呂もあり、銭湯初心者にオススメです。

西公園浴場

福岡市中央区西公園6-21

・阿蘇の湯

阿蘇の湯の下駄箱


木の下駄箱、おばあちゃんちにあったような古いマッサージ機など、懐かしさ満点の阿蘇の湯。常連さんが手作りした手芸品なども飾られ、地元に愛されていることがわかります。湯上りには常連さんたちとの会話に加わってみては?

阿蘇の湯

福岡市東区原田2-16-36

ほかにも市内には多くの銭湯があり、「福岡よか風呂ガイド」で紹介されています。

福岡よか風呂ガイド

古き良き雰囲気を残した福岡の銭湯たち。のんびり心和むひと時となりそうです。ぜひこの冬、あなたのお近くの銭湯にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

Wallet+アプリをダウンロード
Wallet+アプリをダウンロード

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO