サツマニアンヘスから1ヶ月経ったからあの素晴らしい感動をもう一度

カゴシマニアックスカゴシマニアックス

カゴシマニアックス

カゴシマニアックス

九州最南端、鹿児島の今をユルく、アツく紹介するサイトです。

ちゃんねこです。

2018年10月7日・8日に、桜島を沸かせたTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018から、早いもので1ヶ月ほどの月日が流れました。

実は私も、連日桜島でワーキャーしてた一人です。

「え?もうヘスの話は、公式ホームページやら各社音楽コラムやらKagoshimaniaX編集長の記事やらで読んだからええやろ・・・」

と思ってるそこのア・ナ・タ!!!

ちゃんねこは今でも、ヘスの話を始めると止まらないんです!!

前の週から台風25号が来るかもしれないと天気予報を見たときは、てるてる坊主を量産して備えていました。

タレントの鈴木奈々さんが言うところの「愛してるがとまらない」ってきっとこういうことだと思う(ry

たとえば誰かから

「ところでこの前の桜島であったヘスだっけ?どうだったの~?なんか感想教えてよ~」

と聞かれれば、タイムテーブル持ってあーだこーだ話しまくる勢いw

身内との話はもちろん、いつも行っている美容室が空いておらず、ホットペッパービューティーで初めて行った美容室などでも、ヘスの話をするとずっとしゃべり続けてます。

思えばこのTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL開催が発表されてから、私はずっとずっと、その動向を見てきました。

この情熱と衝動をどこにぶつけたらいいのか!?

今でしょ!

それではいきますよー、

グレート!

サツマニアン!

(みんなで一緒に)
ヘスティバーール!!

2018年10月7日・8日。

これは日本のロックフェスの新時代の幕開けのハナシ。

それはそれは2日間とも真夏かと思うぐらい良すぎるくらいの天気でした。

桜島も笑ってるかのよう。

増便体制で行き交う桜島フェリー。お疲れ様です!

新時代の幕開けまでの道のりはもうすぐだ。

きたー!!

そして

分け入っても

分け入っても

人、人、人!

それじゃあレポっていきますよー、準備はいいかー?

おー!!

  • 以下、敬称略でお送りします。
  • 誰かにとっては一部ネタバレを含むかもしれません。どうかご理解くださいませ。
  • アーティスト名に★マークがついているものは、身内に頼まれて観に行ったアーティストです。

鹿児島実業高校新体操部

こちらはステージパフォーマンスではなく大型モニターでのオープニング演出でしたが、

「維新!ダンシン!かっごしまし~!!」

の歌詞に合わせてステージ前の観客が

「フー!フー!」とコール&レスポンスが起きるw

乗っけから盛り上がりました!

維新dancin'鹿児島市 スペシャルムービー

岡崎体育

予習が足りなかったのか、それとも予想を外したのか、知ってる曲があまりなくてノリでやり過ごす。

じゃんけんで勝ったジャンプするやつであいこだった。

じゃんけん勝った人たちが楽しそうに飛んでる中、何したらいいか戸惑いタイムがあった。

この後みんなで飛びまくって朝から笑いが止まらなかったw

テスラは泣かない。

物販の長蛇の列に並んでる間に始まってしまい、どうにか聞きに行ったら、いいところ(鹿児島銀行カードローンのCM曲のあの2曲)だけ聴けた。

久しぶりに鳥肌立ったバンドだった。

アンダーソン / テスラは泣かない。

ペトロールズ

ここはロックフェスなはずなのにひたすらチルい。チルかった。

10月7日当日は長岡亮介(浮雲)の誕生日ということで、自分でHAPPY BIRTHDAYをギュインギュインギュインギュイン弾き、みんなで生誕を祝う。

同氏は最近ではNHK Eテレのムジカ・ピッコリーノで、ROLLYと一緒に出てるから、私にとってはムジカ祭りでもあった(笑)

DJみそしるとMCごはん

もうね、ずっと会いたかったー!!

どうして会いたかったなのか?

それは、かれこれさかのぼること2015年。KTS鹿児島テレビで、おみそはん(DJみそしるとMCごはん)が「かごしまフィーバー」キャンペーンで、鹿児島のごちソングを作るにあたり、『鹿児島のおいしいものを教えてください!』という企画があって、ちゃんねこはそこに投稿したんです。

そしたらなんと、「応募してくださった案が良い案だったので、おみそはんと一緒にPVに映りませんか?」とオファーがあったんです。もしかしたらあの時休みが合えば共演できてたのかもしれなかったのだけど、撮影当日は残念ながら仕事で共演は叶わず・・・。

3年越しの夢が叶いました。感無量。

コウメ太夫

中学生の頃、日本テレビの「エンタの神様」を見ていれば、コミュ障でもどうにかこうにかやっていけていました。

青春時代にテレビに出ていた芸人(兼・不動産オーナー)をこの機会に見られる日が来るなんて思ってもいなかったこと。

キレキレダンスもすんばらしかったっす。

水曜日のカンパネラ

語りたいことはたくさんあるんだ。だけど、バルーンに囲まれたり飛ばしたりしてる間に見事に集団心理にはまり、ラストは夢から醒めたような終わり方でした。

チャラン・ポ・ランタン

誰やねんと思った人、日本テレビの「幸せ!ボンビーガール」の番組終了前の「大工さん、板前さんで活躍してる人~」の募集コーナーで流れるあの「ララララ~イ♪」曲を思い出してほしい。あれがチャラン・ポ・ランタン。藤崎マーケットじゃないよw

小春ちゃんとももちゃんがひたすらかわいい。

観客が盛り上がりが想定以上だったようで、急遽セトリ(セットリスト)変更してました。

わかる曲もそうでない曲も全部楽しめました。

国生さゆり

トークだけかと思ったらまさかの生歌披露!

私の母と同い年なので、母と同い年の芸能人であんなキレイな人がいるなんて奇跡だしいいなぁとすら思った5分間でした。

★ EGO-WRAPPIN'

代打で観に行ったので2曲(GO ACTIONとくちばしにチェリー)しかわかりませんでした。

物販で「ポロシャツ」と書いてあったものが実際はTシャツだったため、身内にお土産買えなかったの。ゴメンm(_ _)m

氣志團

またまた中学校の頃の思い出話なんですが、体育祭でマスゲーム対決的な催しがあって、そこで相手チームが踊ったのがONE NIGHT CARNIVALだった。

青春の1ページの中にあったあの曲は、今やカモンベイベーバージョンに進化を遂げたのであった。

SOIL&”PIMP”SESSIONS 客演:椎名林檎

夜がふけってきたころに、奏でるシンフォニーとともに登場した椎名林檎。

感動で言葉が出てこない。

ヤバイTシャツ屋さん

押されに押されまくったし

左足の靴飛んでシンデレラ状態になるし

コケるし

曲が聴き取れないぐらいの

カwオwスww

※飛んだ靴はこの後インフォメーションコーナーで見つかりました。

打首獄門同好会

学校でプリントを後ろの人に回す要領でうまい棒が飛んできて、親切なおにいさんからうまい棒もらったよ!

この後ヤバTライブに引き続き、押しに押されて再びコケて近くにいたお兄さんから救いの手を差し伸べられました。

うまい棒はカバンの中で玉砕してもうたwごめんなさいw

HEY-SMITH

数年前に他県のフェスで観に行った以来2回目。

2回目ということもあって、最初は前から2列目あたりにいたけど、たくさんの人がゴロンゴロン流れてきて、低身長の私は首がもげるかと思ったので泣く泣く引き下がるorz

この何年かの間にメンバーチェンジしてたのは知らなかった。

★ THE BAWDIES

代打で観に行ったけど、近くにいた知らない人たちとぐるぐる踊ってました。一緒に踊ってくれてありがとう!たのしかった~!

かつてKERAという原宿系ファッション雑誌(現在はデジタル版のみの刊行)を愛読していた私にとって、AMOちゃん(ROYの奥さん)は憧れの存在だったので、「あもちゃんは元気にしてるー?」って叫びたかった・・・。

11月23日には鹿児島CAPARVO HALLでまたツアーで帰ってくるってよ~!

★ DISCO MACAPU'U

TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシとYOUR SONG IS GOODのサイトウ”JxJx”ジュンによる、DJユニット。
ハワイアン・レアグルーヴをベースにまさにトーキョーとハワイをつなぐパーティの先駆者となっている。

http://greenroom.jp/music/disco-makapuu/より引用)

スカやってる人のDJってどんなんなんだろー?と思って聴きに行ったら、クラブのような独特の雰囲気でギャップに驚いた。

クラブ行ったことないけどみんな楽しそうだった。

ノリノリの後ろで砂のグラウンドに絵を描いているこどもたちもいてフリーダムだった。

サンボマスター

最初与論エリアにいたけど音漏れがすごくて行ってみたら薩摩大隅エリアを埋め尽くすかのような人が集まってました。

「最後1枚だけ写真を撮っていいよ!」と、ボーカルの山口隆が言っていたので1枚パシャリしました。

この人の多さから感じ取っていただけるものがあると思うので、現場からは以上です(笑)

★ Dragon Ash

桜島=火山灰だからアッシュ!?(なのか!?)

人に頼まれての参戦だったため、Dragon Ashのライブへ参戦したことがあるかたから、何と何を聴いたらいいかを尋ねて、「とりあえずYoutubeに出てるやつを聞いていれば大丈夫」と聞いてから参戦したものの、予習を外してしまった・・・orz

ラスト1曲でステージへ向かってうおおおおおと走っていく観客の皆さんの姿は、私にとって、鹿児島の大型スーパーAZ(エーゼット)で、1月1日午前0時の初商のときに扉が開く瞬間ダッシュするお客さんたちを見ているかのようでした・・・。

ラスト1曲しかわからなかった点が世代の違いを感じ、無念。おそらくAshを聴いて青春時代を過ごしたであろう30代半ばあたりのお兄さんお姉さんには本当にすまんかったです。

でもkenkenは前回他県のフェスで観てたので、kenkenがサポートメンバーでいることがわかっただけでも「わー!kenkenいるー!」と満足。

「kenken見たことある人ー!」のKJの問いかけに手を挙げなかった一人ですw

Rei

ヘス発表されたときのアーティスト写真がエレキギター持ってる姿だったから、エレキ出演かと思いきやまさかのアコギでの登場!

しかし普通の人がエレキでやりそうなことをアコギで演奏してしまうところが彼女のハンパないセンスとテクニック。存分に魅せられました。

MIYAVI

ギターは本当はパーカッション(打楽器)だったのではないかと思うのが、MIYAVIの特徴的かつグイグイ引き込まれるテクニック。

悔いのないくらいヘドバンできた。もうめっちゃかっこよかった!

小正醸造 小鶴黄麹 ロック編 演奏:MIYAVI

そしてそして

マキシマム ザ ホルモン歌ってたお姉さんのオーディエンスの中にちゃっかり紛れ込んだりもしてました。

フェスといえば、音楽もいいけどいろんなグルメも楽しめるよね

普段なかなか味わえないお店のグルメを楽しめるのもフェスの魅力!

ということで、私が食べたヘス飯や箸上げに協力してもらったヘス飯を紹介していきます。(敬称略ですm(_ _)m)

広島レモンとチョコレートのポップコーン(南九州ファミリーマート)

ボウルカレーの合いがけver.

薩摩思無邪のラーメン

安定の箸上げならぬフォーク上げに協力してくれてありがとう!!

なないろ食堂のにらぶた丼&とり天

こちらは1日目の帰りのフェリーで晩ごはんにいただきました。

カラチキ!のからあげ

KagoshimaniaXでも度々紹介されているからあげ。

で、でかい・・・

NEW ALTERNATIVEのカフェラテ

GOUTHERのジャークチキン

台風25号の影響がまったくなかったわけではない

ヘス当日は、台風もそれ、真夏のような暑さでしたが、台風25号の影響がまったくなかったわけではありません。

当日はガチャガチャ(ガチャポン)も販売予定でしたが、販売中止になったり、

高知県から出店予定だった「本格焼鳥居酒屋 なごみ」さんも、残念ながら台風25号の影響で出店中止でした。

鹿児島に住んでいると四国へはなかなか行く機会がないと思うので、来年も開催されたらぜひリベンジしてもらいたいです。

公式グッズは買えなかった

2日間参戦して
何回か並んで

並んで

並んだけど

買えなかったから

ネット注文して、11月8日に届いた(笑)

2018年11月23日15:00からは、KKB鹿児島放送であの感動をもう一度!

県外のみなさんは、もしご家庭にCS放送をご覧いただける環境がありましたら、11月24日に、MUSIC ON TV!でもご覧いただけますよ~!

長くなってしまいましたが

本当にかけがえのない2日間でした。

来年も参戦でいいなぁ

ではでは!!

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVALホームページ

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO