秘境って実はこういう所のことを言うんじゃないだろうか【鹿屋市 高隈】

カゴシマニアックスカゴシマニアックス

カゴシマニアックス

カゴシマニアックス

九州最南端、鹿児島の今をユルく、アツく紹介するサイトです。

こんにちは、大隅半島の鹿屋市で地域おこし協力隊をやってますネイゴです。

2018年7月にここにやってきました。

大隅半島には、高隈っていう場所があるんですけど知ってますか?

あ、やっぱり知らないですよね。。

”観光客”とかってみたことないですよ?                         

最近色んな場所を秘境秘境って言いますけど、きっと観光客でいっぱいですよね。

ちなみに高隈では、自慢じゃないですけど普通の観光客なんて見たこと無いですよ?

「去年ぐらいに道に迷ったカップルを見たことがあるよ」by地元の方・・・というぐらいのレベルです。

これ、ある意味“秘”境なんじゃないでしょうか。あれ?違います?

ということで、秘境開拓に行ってきました            

ディープすぎて一人じゃどうにも訳が分からない、ということで地元のレジェンドのみなさんに観光名所を案内いただきました。

まずは麓地区。どうやら高隈は城下町だったらしく、鎌倉時代からの城下町がこんな風に残っています。

こんな江戸時代の石門とかが、ひっそり佇んでいます。

タイのアユタヤとか好きな人にはたまらないかも。

武家屋敷・・というか、普通に人の家。

でも江戸時代から続く武士のお宅です。

昔ながらのカマド。ん~リアルですねえ!本物!って感じがしますよね。

高隈城観光、というか登山。

そこから急に、「山城に行こう!」ということに。

こんな道を、ぐいぐい車で進んでいきます。

ついに車でも進めなくなったので、歩いて登っていきます。

レジェンドの皆様方は木の棒振り回しながらグイグイ登っていきます。

カッコイイです。

山城に続く道。

こんなところを島津氏とか肝属氏とかが、奪い合っていたんですねえ。

よーく考えると、なんか歴史のロマンを感じます。

そして山頂!

“本丸跡“って書いてあります。

「こんだけ登らせといて、これだけかよ!」というような本丸跡ですけど、それがまたリアルです。

ということで、古き良きが残りまくって素晴らしい場所なのですが、観光客はほぼゼロの高隈からお送りしました!

観光PRとかどうやったらいいのか訳わからないのですが、地域の皆さんと僕が盛り上げてみたいと思っております!

ご意見お待ちしております!

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO