【川内】「黒豚本舗どん」が雰囲気も酒も焼肉もコスパさえも最THE高すぎる!!

カゴシマニアックスカゴシマニアックス

カゴシマニアックス

カゴシマニアックス

九州最南端、鹿児島の今をユルく、アツく紹介するサイトです。

どうもハヂメです┏○┓(ズサーッ

ご存知の通り、私は肉が好きです。
数ある肉料理の中でも・・・
そうっ!!焼肉が凄く好き。

マジで台風が接近してようと、
終電が天候都合で欠便になろうとも!
焼肉を食べに行く・・・っ!!
(実際、先日の台風Dayに行きました)

だから、これどこなのよwwwwと
そろそろ気になる方も
いらっしゃるはず!!!!!

というわけで今日、来たのは
僕個人的に超オススメなお店、
「鹿児島黒豚本舗どん」です。

一人焼肉ではないので、
周囲に忖度しながら
食べないといけませんでした。
(※ここ重要です)

川内駅から徒歩5分ちょっと。
ほどよくレトロ感のあるお店です。

店内はこんな感じです。
この排気口で、ピンときた方もいるでしょう。
七輪焼きスタイルのお店です。

椅子がビール箱カスタム仕様なのも
個人的には好きな要素です。
なんか、こういう椅子で食べる
焼肉屋さん、大抵アタリなイメージです。

地味に嬉しいサービスもあります。
優しさマックスです。

そして、席について最初に出てきたものがこれ。
キンッキンに冷えてやがるっ・・・!!!

というか凍ってます。
おしぼり、大地に立つ。

味の組み合わせ無限大!

そして、最初に出てきたのがこちら。
そう、見ての通り、きゅうりです。

川内≒かっぱ感ありますよね!!
塩加減が絶妙でポリポリなやつです。

そして、ドリンクメニュー。

焼酎一貫教育ならぬ、
地元の酎(中)学校の
名前を冠した、チューハイがあります。

ちなみに、どちらも出身中学校では
なかったので私は たんかんハイボール。
甘くておいしいです。
っていうか、お酒幸せ~!!!!!

さて、何を食べるか・・・。
とりあえず、ハラミ、せせりなど、
盛り合わせなどメジャーなものや。
黒豚の頬肉やタンなど、
お店のイチオシ品を注文しました。

本日の一品といって、
日替わりでホルモンが100円で
一皿頼めるサービスもあります。

最高すぎますね!!!

その間にモノが来るまで
店内を見回すと・・・
珍しそうなモノを発見。
ご当地の調味料でしょうか。
肉が来たら、かけてみよう・・・

他にも薬味各種が無料で
頼めるということだったので
にんにくとコチュジャンを頼みました。

ふふふふふ。万全の体制ですな!!
タレも甘口と辛口があります。
味の組み合わせ無限大! ですね。

とにかく「ウマかった」しか言えなくなる。

とか言ってると来ました!!!!!!!!!!

肉!!!

肉!!!

・・・壺?

壺の中身は後ほどご紹介するとして。
とにかく焼いていきます。
身体が肉を欲しているのです。

焼けたら・・・食べる!!!!

うんんんんめぇええええええええ!!!!!!!!

わさび油もかけてみちゃう。

むふふ。いい焼き加減です。

うまいっ!!!

わさびの爽快感!!!
お肉の重たさが一瞬で消えるかのような
スーッとした清涼感。

もはや、肉なのに
飲めるレベルです。

何言ってんだ?ってなるかもですが
ぜひ試してみてください。

さらに焼く!!!

せせりぃ!!!

めっちゃ美味しい・・・っ!!

とか言ってると炎上しました。
よくあることです。

とはいえ、放置すると
肉がガンガン焦げてくので、
氷を使って鎮火します。

やり方については店内にPOPもあるので、
店員さんから氷をもらって
チャッチャとやっていきましょう。

じゅぅぅ~。(消化)

こういう感じで、煙がどんどん
ボワァ~ってなっていくので
写真がピンぼけしがちなのです。
(決して酔っているからではない!)

だから、さつま七味塩をかけて食べた

アゴ肉もめっちゃ美味しかったのですが、
いまいちアレな写真になってしまいました。

塩ダレで食べたハラミも・・・

ホルモンも、とってもウマかったのですが
本当に写真がアレなことになってます。

とにかく「ウマかった」しか言えなくなるレベル。
本当に美味しいものを食べると、
僕はウマいしか言えなくなります。

口の中で脂が溶けていく・・・
この食感たまらないな。
ああ、今、僕は幸せなんだな。

とかそういう表現を
ストレートかつシンプルに
一言で言うと「ウマい」なのです。
(※語彙力とは)

わっぜかマルチョウ最the高かよ。

さて、気を取り直して。
壺の中身はなんじゃろな!!です。

じゃーん!!!!

網の上にドスン!!

(なるべくキュッと巻くのがポイントです)

こちらは
熟成わっぜかマルチョウというメニュー。
約2.5皿分というボリューム、
そして太い、長い!!

ちょこちょこひっくり返すのがポイントです。
焼けたら、ハサミを入れていきます。

ふおおおおおおおおお!!!!

これ絶対にウマいやつやん・・・

ふわっふわ!!!
口の中でとろけていく!!
旨味が凄いヤバい!!!
半端ないっ!!!!!!

わっぜかマルチョウ
最the高かよ。

独り占めしたかったです。

SUKI★YAKAKI☆MESHI!

そして、こんなものも頼んでみました。

そう、焼肉屋さんで食べる
スキヤキっ・・・!!!!

焼く!!!!

卵もスタンバイ!!!!

焼けた肉をご飯の上に!!!
そして卵を・・・!!!
かけて!!!!!

SUKI★YAKAKI☆MESHI!

はい、皆さんお分かりですね。
甘めのタレ、卵。
そして肉の脂の絡み合ったご飯!!!
めっちゃ美味しいです!!!!!!
(これも独り占めしたかったです)

〆は敢えてのカレー

だいたい3時間くらいでしょうか。
ノンストップで呑み、食べるという
プチ酒池肉林気分です。

しこたま食べて。

しこたま飲みました。

やや意識が曖昧ではありますが、
〆のメニューを食べる直前に

「パパ、お肉焼いて」

と、ひたすら僕を肉焼き奉行にしていた
ゆるふわ人狼系ガールが終電都合で
帰った記憶があります。

アレは、一体
何だったんだろう。

そういうサービスを頼んだ覚えはないので
お店からのサービスではないです。
たぶん、またどこかで会うのでしょう。

そんなモヤモヤとしたものを懐きながら
最後の〆に頼んだものがこちら。

ええ、見間違いではありません。
見ての通り、カレーです。

〆は敢えてのカレーです。

しかし、ただのカレーではありません。
さつま町の生んだ鬼ウマカレー、
力三カレーなのです。

お肉は黒毛和牛・・・

レトルト商品らしいのですが、
レトルトとは思えないウマさ・・・
城山観光ホテルが監修してるそうです。

さらには焼酎のエキスが入ってるそうな。
あ、たけのこだ。
さつま町の特産品ですよね。

これもまぁ、よく染みている。
美味しいです。

ほどよいスパイシーさ。
県内産の唐辛子を使っているようです。

ふぃー!!!

ごちそうさまでした!!

正直言って、食べ過ぎたし
コースでもなかったし・・・
飲み放題もつけずにガンガン
飲んでいたわけですし。

今日の席には串木野で活躍している
西郷どん(たけどん)もいました。

そして、体格の通り
めっちゃ食べていたので

これはお会計が怖いな・・・
と思いましたが
一人3500円程度で済みました。

安い・・・コスパ良い・・・。
めっっちゃうまかった!!!

せっかくなので、今度は一人で好きなだけ、
お肉と向き合おうと思います。

皆さんにもぜひ、行ってみていただきたい!!

というわけで今日のところはこのへんで!
ハヂメでした┏○┓(ズサーッ

【黒豚本舗どん 薩摩川内総本店】
住所:鹿児島県薩摩川内市東向田町14-8
TELL:0996-24-5500
営業時間:0996-24-5500
定休日:不定休
HP:http://www.kurobutadon.com/
↑コース・メニューなども載ってます。

ちなみに店員さんにめっっちゃ
そっくりなラインスタンプも販売アリ!
(特典もあるようです!)

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO