【大人の検証】「本当に買ってはいけないガチャ(R15)」を10連ガチャってみる。

カゴシマニアックスカゴシマニアックス

カゴシマニアックス

カゴシマニアックス

九州最南端、鹿児島の今をユルく、アツく紹介するサイトです。

どうもハヂメです┏○┓(ズサーッ

いい天気ですね。
本日はこちら、だいわ串木野店からお送りしてます。

ちなみに「だいわ」は
漢字で書くと「大和」なようです。

さておいて。
私がここに来た理由はガチャをするためです。

僕はガチャポン好きでしてね。
そう、ガチャガチャとかアレです。

ちなみに「ガシャポン」という呼び方は
バンダイさんが登録商標を持っていたりするのですが
まぁ、そのへんは置いておきましょう。

とにかく僕はアホほど買って並べてます。
部屋の至る所が「おもちゃ箱」状態です。

↑↑今はもっと汚くなってるし
一部捨てたり、紛失してます。

あまりに多いのでたまに
メルカリで捌いてる、とか
ガシャポン戦士シリーズの
組み替えをして遊ぶのが好きなこととか、

幼少期に「お昼ごはん代」として
託されたお金を
ガシャポンで全部溶かして、
親から激怒された話とか、まぁ。

とりあえず置いておきましょう。

とにかく30手前になった今でも
ガチャポンコーナーを見るのは
趣味の一つでもあります。

特にここ、だいわの
ガシャポンコーナーは
なかなかカオスなので好きです。

印刷が間に合わなかったのか
コピーで済まされた謎のガチャや

そもそも何も印刷されてないガチャもあったり。

とことんイタズラに特化したガチャもあります。

「もはやゴールドである必要がないのでは?」とすら思えるゴールドスペシャルというガチャもあります。

まぁそんな中で、
一際、目を引くものがありました。
それがこちらです。

本当に
買ってはいけない
ガチャ(100円)

今まで以上のはずれが出ます(当社比2倍)
という素敵な煽り文がワクワクさせてくれますね。

そして、SNSやYOUTUBEで
ネタにするなよ!!するなよ!?
絶対だからな!!?

みたいなフリ(?)が書かれていました。

・・・KagoshimaniaXはWEBメディアなのでOK!!ということでよろしいはずです。

地味にR15なのが謎です。

そもそも僕はもうこの時点で

(わあ、デンジャー柄だ!アツい!!)

くらいには思っていたので、
心をワクワクさせていました。
脳が毒されているんですね、しょうがない。

というわけで・・・

ここに1,000円ぶんありますので・・・

ガチャる!!!
(大人買いっ!)

うおおおおおおおお

よっしゃあああ!!!

これを繰り返すこと10回。










出揃いました。
なんかもう開封前の時点から
明らかに変なモノもありますが、
とりあえず、別な場所に移動して
開けることにしましょう。

パーカー(最近はフーディというらしい)のポケットがパンパンでボコボコになってしまいました。こうあれですね、体内に飼っていた寄生虫に腹を食い破られる直前みたいな見た目です。

・・・というわけで移動しました。

1つ1つ開封していきます。
明らかに「ハズレ」っぽいのもありますが
気にせず、開けていきます。

ってかさぁ。

なんだよ、これ。

突っ込んでいくと
キリがないので
ひたすら開封して、
順番に紹介していきます。

①スライムっぽいやつ。

「バケツ型フェイススライミー」という商品のようです。まぁ誰もが見たことのある「スライム」みたいなやつでしょう。実は1個200円する商品だったそうで、正直驚いています。

②モンストのラバスト(2種)

モンスターストライク カプセルラバーマスコット」という商品名で、BANDAIさんの出しているガシャポンでした。 とっくにモンストはリタイアした勢なので、このキャラたちを僕は知りません。そして、地味に第四段と第五段というバージョン違いでした。実は定価が1個300円と高額枠でした。

③むっちゃリアルなカエル。

ネイチャーテクニカラーの「トノサマガエルとシュレーゲルアオガエルとアマガエル」から、シュレーゲルアオガエル(深緑)が当たりました。マグネットになっているそうです。
これも定価1個300円と高額です。こういう生きもの系とか変わったガチャ増えてきましたよね。

④とにかく精巧なドクロ(赤色)

こちらはサイエンステクニカラーより「人体模型」というシリーズ。
さっきのカエルと出しているメーカーは同じようです。教材としても使えるほどの超精密造形なのだそうで。こちらもお値段は定価1個300円と良いお値段です。

⑤キンプリのクリアホルダー×2

個人的に一番、困ったものがこれでした。「KING OF PRISM クリアホルダー(AR機能付き)」だそうです。いわゆる「キンプリ」と呼ばれる乙女ゲーのモノらしいです。無駄にAR機能まで使えるらしく・・・まぁ未視聴なのと興味がイマイチないのもあって、全然価値が分かりません。定価は1個200円らしいです。

⑥カリメロ(に出てくるキャラの)のフィギュア

カリメロというイタリア初のキャラで、日本でも1974年(第1期)と1992年(第2期)、2014年(第3期)とアニメ化されているようです。ちなみにこのピーターはジャイアン×スネ夫みたいな、ちょっとクセのあるキャラみたいだそうな。
僕も小さい頃に見ていたような気もしますが、正直、記憶がないというか、わからないレベル。こちらの「カリメロ フィギュアコレクション」の定価は1個200円だそうです。

⑦わりと使い道のありそうな「考える人」のスタンプ

「スタンプONスタンプ ハンコさん2」という商品です。顔のところにシャチハタなどの印鑑を押すことでクスッとくるスタンプになるよ!という商品。実はぼく、これの第一弾(土下座のやつ)を昔、買っていたので個人的には大当たりでした。これで「目下、検討中です」みたいな社内文書にスタンプが押せますね!!わーい!! 定価は1個300円でした。

⑧じぇじぇじぇのアレ。

「あまちゃん」のガチャ第二弾のやつなのだそうです。原作ドラマで出てきた小道具が中心に入ったガチャらしいのですが、2013年に放送されたドラマゆえに僕もだいぶ記憶が曖昧です。タイムリーさに欠けるのもあって、いまいち喜んでいいのか、どうか悩みどころなやつでした。 定価は1個300円なんだそうで。

というわけで。

全て並べてみましょう。
うーん、見事なまでに統一感がありません。
しかしこれ、よくよく考えて計算すると
定価合計は2600円もするわけです。

うううん。
それにしてもカオスだなぁ。

(得したのか?)

と、このスタンプさながらにモヤモヤします。

というわけで、結果として言えば

「損はしないんだけど、得をするかというと微妙」

というような感じです。
いまいちネタになりきらない感があります。
「大ww爆www死ww」
という訳でもありませんし。
そういう意味では「期待ハズレ」とも言えます。

当社比2倍のハズレ(ハズレとは言っていない)みたいな、そういう感じなのでしょう。

・・・まぁ明らかに上にあげた
「ゴールドガチャ」よりはマシなのかもしれません。とりあえず、このよくわからないモノたちの使い道は、どうにしかして考えることにします。(※欲しい方いればTwitterにでもメッセください)

みんなも気になるガチャがあったら
やってみると面白いかもですよ!!
最近は大人向けで、
シブいのも多いですからね。

ただし、
無駄使いは程々に。

ではでは!
今日のところはこのへんで!!

ハヂメでした┏○┓(ズサーッ

<おまけ>
並べてるうちに事件現場の
ダイイング・メッセージみたいになった。

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO