糸島のちいさなリネン服屋さん ※お寺の裏側からしか入れません

糸島パラダイス(糸島観光ガイド)糸島パラダイス(糸島観光ガイド)

糸島パラダイス(糸島観光ガイド)

糸島パラダイス(糸島観光ガイド)

糸島半島のおしゃれなカフェやレストランのランチを食べて、窯元やパン屋を訪問。糸島の魅力をまるごと紹介する個人メディア。

アンワンさんの情報は、2015年4月時点のものです。


袖を通すたびに豊かな気持ちになれる、普段使いの上質なリネン服


アンワン(an one)は、土曜日だけオープンしているリネン服のアトリエ
お寺さんの離れに、ちょこんとアトリエがあるのです。

アンワンさんのリネンの服は、普段使いだけどちょっと上質で贅沢。 着ているだけで豊かな気持ちになれるリネンウエアなのです。

 

アトリエを見つけるのは難しいかも


アンワンさんのアトリエは、常泉寺さんの敷地にあるのですが、裏側から回らないと入れないのです。 写真は、その駐車場へと向かう小道。一応小さな看板が出ています。

野北から桜井に向かって、ハニー珈琲さんを過ぎ、 アートギャラリーのトレドスシェロスさんの先、 道沿いには吉原商店という小さなお店があります。
その点滅信号を左(北)に曲がって常泉寺さんに向かいます。

 


車がようやく1台通れる道を登ってゆくとアンワンさんの駐車場に到着です。
茶色の建物がアトリエ兼工房。
軒下に白い看板が出ていたらオープンの印です。

 


駐車場からグルリと回って、こちらが玄関。
お寺さんの古い物置を改装されたそうです。

 

こじんまりとしたアトリエと工房



お伺いしたのは季節の移り変わりの頃。
冬物と春夏物の入れ替えの頃だったようです。

 


玄関付近の棚には、厚めのソックスが・・

 


土間を上がると、アンワンさんのオフィス。
ネットショップもあるので、覗いてみてくださいね。

 

あのね、あのね



「an one」って、ひらがな変換すると「あのね」になるのね。
文章書いていると、あのね、あのね・・・ってなって、なんだか小さな子どもが慕って語りかけてくるような優しい気持ちになるんですよね。

着ていても、たぶんそんな気持ちにさせてくれるんだと思う。
an oneは、そんな優しさが織り込まれたリネンウェアなのです。

 

アンワン an one
糸島市志摩野北 1158
tel 092-327-0818
12:00-16:00
土曜のみ営業
駐車場 あり
Web http://an-one.com/

※アンワンさんの情報は、2015年4月時点のものです。 時間、店休日、価格は、変更となっている可能性もあります。

 

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO