福岡県は食の都。中でも「この街」は更に凄い!!それは・・・!?

INOUT TIMESINOUT TIMES

INOUT TIMES

INOUT TIMES

九州と世界をつなぐべく、動きまくるインアウト社。関わるプロジェクトのことやコアな情報など、「インバウンド&アウトバウンド」な内容でお届けします。

 

こんにちは。インアウトの新入り、金子です。
新入りですが実は結構なおじさんです…

さて、気を取り直して。福岡県の魅力といえば皆さん、何を思い浮かべますか?
福岡県には本当に様々な魅力がありますが、私が最も魅力に感じているのはズバリ「食」です。
他県からよくお客様をお迎えして食事をご一緒させていただきますが、皆さん口を揃えて「福岡は、食べ物が本当に美味しい」と言ってくれます。
海の幸から山の幸まで何でもありの豊富な食材、屋台や角打ちなどの食文化、本当に「福岡の食」は世界に誇れるものだと私は思います。

そんな、福岡県の中でも、食に対して更なるこだわりを持つ地域があるのを皆さんご存知ですか?
それは、我が故郷「田川市」です!!
かつて石炭で栄えた街、田川。当時の田川では「宵越しの金を持たない(その日稼いだお金はその日のうちに使ってしまうという意味)」という考え方がありました。
死と隣り合わせの危険な坑内労働。明日の命が保障されない中、炭坑夫たちはその日稼いだお金を贅沢に飲食につぎ込みました。その結果、今でも田川の人々は食道楽で外食好きの人が多いんです。
そこで、私はこのことを実証するために調べてみました。何を調べたかというと県内自治体の飲食店数です。
食道楽で外食好きの人が多いならば、人口当たりの飲食店数が絶対多いはずという勝手な仮説を立てて。
最近、政府が地方創生のために公開した「RESAS(地域経済分析システム)」を使えば、こういう調査が容易にできます。

さて、結果は…
福岡県内28市中、人口当たりの飲食店数No1は、田川市!!
福岡市や北九州市の政令市を抑えての快挙です。しかも同じ炭坑町だった大牟田市が田川市に次いで2番目の多さ。これで私の立てた仮説「炭坑町=食道楽」がしっかりと実証できました。

また最近の田川では若い人たちが新しい店をどんどんオープンし、老舗のお店とともに新たな食の可能性を感じさせる動きも出てきています。
地元の食材を積極的に使おうと農家との連携を図る飲食店主も増えてきましたし、田川の人々のソウルフード「田川ホルモン鍋」を活用したまちおこし活動に取り組んでいる「田川ホルモン喰楽歩(くらぶ)」が、「ご当地グルメの祭典!B-1グランプリで」3年連続入賞するなど、田川の食文化を全国に発信する取組みも盛んになっています。
田川ホルモン鍋(B-1用)

私は密かに夢見ています。
将来、田川がスペインの「サン・セバスチャン」やアメリカの「ポートランド」のように国内外から観光客が殺到するような「食都」として繁栄することを。
皆さんも美味しい街、田川にぜひ遊びに来てください。お待ちしております!!

(Text by 金子和智)

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO