日本財団が一年間の被災地支援を報告。今後も支援継続を発表

熊本地震  いまできること熊本地震 いまできること

熊本地震  いまできること

熊本地震 いまできること

熊本の復興を応援する情報支援サイト。NPOや企業の取組を中心に紹介し、被災地と支援の手を繋いでいきます!

現地のいまを知る

日本財団が一年間の被災地支援を報告。今後も支援継続を発表

2017.04.13

地震発生直後から、熊本での支援活動をつづけてきた日本財団。4月10日に熊本県庁で開かれた「熊本地震への緊急・復興支援」報告会見で同財団の笹川陽平会長が、この一年間を振り返り、支援活動の報告をおこなった。
1995年に起きた阪神・淡路大震災以降、40を超える災害に対し、支援活動をおこなってきた日本財団。熊本地震では、熊本城再建のための支援をはじめ、NPO・ボランティア団体への活動支援、家屋損壊の見舞金など、総額約127億円4200万円を支援したと発表した。

熊本県庁での記者会見に臨む日本財団・笹川陽平会長

会見に同席した蒲島郁夫県知事は、「本震からすぐ、日本財団側から支援の意向を示していただき、わずか10日後に協定書を締結することができました。われわれ行政の手が届きにくい部分を、財団が迅速、かつ的確に対応していただきました。熊本城の復興支援に関しては、真っ先に支援の声をあげて下さり、地震からの復興に立ち向かう熊本県民に、大きな勇気と希望を与えてくれたことに心から感謝の意を申し上げます」と謝辞。

日本財団の迅速かつ的確な支援に謝辞をのべた蒲島郁夫熊本県知事

財団は今回、これまで東日本大震災などでの反省を活かした迅速な対応をおこなってきた。それを裏付けるように、本震発生の翌々日には、会長自ら救助犬を伴い現地入り。そしてわずか10日後の4月26日には、ボランティアやNPO団体、企業などの民間団体と、行政の連携をスムーズにするために、県と協定を締結している。

それを受け、同日には県庁向かいに「日本財団災害復興支援センター 熊本本部」を開設し、被災者の相談やNPOなどの活動拠点として活用してきた。「大事だと分かっていても、法律がなかったり、仕組みがなかったりして、行政が対応できなかった部分を財団に助けて頂いた」と蒲島知事が述べるように、この一年間、財団が実施してきた支援活動の内容は多岐にわたっている。 また、支援額に関しては、当初予定されていた93億円を大幅に上回り、この3月末時点で、総額約127億4200万円にのぼった。

支援の内訳は、要援護者(障がい者や高齢者、乳幼児など)に関するニーズ調査・支援、災害ボランティアセンターを立ち上げた「社会福祉協議会」への支援など、「緊急対策支援」として約3億7600万円。NPO・ボランティア活動支援として、318団体へ約3億2000万円。遺族への慶弔金・家屋損壊に対する見舞金として約47億5000万円。熊本城再建の支援に、約30億2500万円など。

熊本城の天守閣の象徴的部材である「しゃちほこ」(写真は、実寸大)の復元・製作支援を日本財団が行うと発表

熊本地震の復興のシンボルであり、県民の誇りでもある「熊本城」の再建支援については、2017年から6年間にわたり、熊本市の再建計画と合わせて進行すると発表。現在も立ち入り禁止が続く熊本城へ、県民をはじめ、観光客が一日でも早く入場できるように、天守閣まで上ることができるように、今後も支援を継続していく考えだ。

また、当初30億円と発表になった熊本城支援とは別に、天守閣の「しゃちほこ」(大小計4体)についても、復元費用約2500万円が財団から支出され、完成品は今年の8月に熊本市役所で展示される計画だ。復元されるしゃちほこの完成は、きっと多くの県民に復興への歩みを感じさせてくれるはずだ。

記者会見での日本財団・笹川会長(左)と、蒲島県知事

この日会見の最後に日本財団の笹川会長は、5月7日をもって「日本財団災害復興支援センター 熊本本部」を撤収することを報告。今後は、東京に拠点を移し、熊本地震への支援を継続していくという。この一年間、私たち県民は、日本財団をはじめとする多くの団体、ボランティアの皆さまの支援に支えられてきた。その感謝の思いを、決して忘れることがあってはならない。同時に、これから熊本の創造的復興のために、自らの足で未来へ向かって進んでいかなければならない。多くの支援の力を、自分たちの力に変えて、一歩ずつ、しっかりと。

いまできること取材班
文章:稲積清子
撮影:柳瀨武彦

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • fan fun fukuoka
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)