焼うどんも実は手が込んでいる。 | KIJI フリーライター 山田 祐一郎

KIJI その一杯が食べたくて。KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

一日一麺をモットーに、九州を中心に各地の麺を食べ歩き。日本で唯一(※本人調べ)のヌードルライター山田 祐一郎が主宰するメディア。

焼うどんも実は手が込んでいる。

SHOP NAME: 「

玉川食堂

」 / TYPE:

魚町商店街の地下に、ぽつんと食堂がある。
それが「玉川食堂」だ。
ぽつんというと厳密ではなく、
実際は小倉カレーの名店「ガネーシャ」と同じ地下の一角にあるのだが、
行ってみたら分かるんだけど、
ぽつん、という言葉がぴったり当てはまる。

オレンジ色の、なんだかちょっとエキゾチックな階段を降り、
冒険のように地下に広がる通路を歩く。
ガネーシャ前を通り過ぎ、店に着くと、
この店だけ昭和のまま時が止まっているかのよう。
味わいが出たショーケース、
昭和レトロな書体が蛍光灯の青白い光で浮かび上がっている。
ちなみに地下通路入り口の逆側からだと階段を降りてすぐの場所。

充実の定食群の間を颯爽と駆け抜けた目線の先には焼うどん。
これが目当ての一品だ。
元々、玉川という料亭で、その創業は100年近く前。
この食堂になっても丁寧な仕事は健在で、
だしをとり、調味料などを一つひとつ手作りし、
料亭仕立てなのにそれを強く謳うことなく、
さりげない定食として出す。そんな、なんとも粋な食堂だ。
焼うどんも実は手が込んでいる。
麺を茹でたあと、ちゃんぽんに使う出汁を一度、麺に吸わせる。
その上で、醤油、もしくはソース味に仕上げる。
そう、ここは醤油かソースが選べるという点も珍しい。
選んだのは、醤油。
ソースに比べるとさらっとしている醤油ではあるが、
下準備のおかげなのか、とても醤油が麺に馴染んでいる。
ほどよくコシのある麺。噛み締めるとじわじわっと醤油の旨みが溢れる。
小倉名物のぬか炊きも評判で、心からビール飲みたかった。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

玉川食堂

tamagawashokudo
〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-21 地下1F

電話 093-522-6305

営業時間 11:00 - 22:00

※表記時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

定休日 水曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

修正を依頼する
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)