麺、具材の全てがはっきりと視認できる。

KIJI その一杯が食べたくて。KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

一日一麺をモットーに、九州を中心に各地の麺を食べ歩き。日本で唯一(※本人調べ)のヌードルライター山田 祐一郎が主宰するメディア。

麺、具材の全てがはっきりと視認できる。

SHOP NAME: 「大氣圏」 / TYPE:

思っていたよりも前衛的な店内にまず驚いた。
ライブハウスのような照明があり、石を切り出したものが一部椅子になっているし、
さらには石の柱もあり、カウンターの天板は赤く、
空間には台形やひし形が随所に取り入れてある。
いわゆる一般的な箱型の店ではない。
1995年の創業なんだそうで、その当時だとさらに異彩を放っていたんではないか。
しかも店があるのは生月(いきつき)町。
長崎県の西端、平戸市のさらに西側で、大きな橋を渡ったところにある生月島、
そのちょうど入口あたりに店はある。
県の中心・長崎市のど真ん中というわけでもないから、さらに凄みが増す。
調べてみたら、ここは「生月鉄工所」という会社さんが、
生月島の魅力を伝えるために創業されているんだとか。
それでこの空間が完成したのかと納得。

ここは「あごだしラーメン」で知られる。
その名の通り、長崎県・五島地方では飛魚を「あご」と呼び、
このあごを炭火で焼いた「焼きあご」で出汁をとっているのだ。

まず、麺、具材の全てがはっきりと視認できる透き通ったスープがいい。
透明感のある茶色というよりは琥珀色に近いか。
そんなスープは香りもほんのり香ばしく、そそる。
醤油が突出している感じはなく、出汁を生かしたスープだ。
脂っ気もないのでとても印象としてやさしい。
具は、チャーシュー、モヤシ、ネギ、シナチク、ナルト。
中太のちぢれ麺は特注だそう。
このしこしこ感が満足を与えてくれる。
昔ながらの中華そばであり、そしてご当地麺、いいなあ。
思わず注文した塩おにぎりが合う、合う。

おごちそうさまでした !!

SHOP INFORMATION

大氣圏

taikiken
〒859-5706 長崎県平戸市生月町南免4432-101

電話 0950-53-3130

営業時間 11:30 - 18:00

定休日 月曜

ウェブサイトへ
皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

修正を依頼する
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • fan fun fukuoka
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)