どんどん夢中にさせる力がある。

KIJI その一杯が食べたくて。KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

KIJI その一杯が食べたくて。

一日一麺をモットーに、九州を中心に各地の麺を食べ歩き。日本で唯一(※本人調べ)のヌードルライター山田 祐一郎が主宰するメディア。

どんどん夢中にさせる力がある。

SHOP NAME: 「中国菜 随園」 / TYPE:

この店には揺るぎないアイデンティティーがある。
無化学調味料であること。
店の入り口にはそのことを記す看板が掛けてあり、
よくよく思い返してみると、
こうやって個性を発揮している中華料理店ってないなと気付いた。
ぼくはアンチ化学調味料派ではないので、
絶対に化学調味料が嫌だということはない。
ただ、年をとっていくにつれ、
なるべく少ないほうが良いなと思うようになっている。
なるべく小さな幸せとなるべく小さな不幸せ。
そんな歌詞が年々刺さるようになってきたぼくにとって、
きっとこの出会いは小さな幸せの一つなんだろう。

「中国菜 随園(ずいえん)」は香椎宮の参道にある。
この界隈は昔から名水が湧く地域で知られていて、
確か不老水という名前だったと思うんだけど、
そんな清らかなイメージが、すごくぴったりと合うお店だと思えた。

店主は四川料理の名店をはじめ、幾多の店で修行を積んだそうで、
ぼくは麺狙いで訪問したが、
1500円くらいの贅沢ランチもすごくお得感を感じる。

注文したのが担々麺。サラダ、小ご飯が付いて850円。
思ったよりも安い価格設定だ。
はじめにスープを飲んでみると、
するりと胃の奥へと抜けていく感じ。
ゴマの旨味、肉味噌の油、
それらよりも、出汁の旨味が口の中で膨れる。
さらっとした口当たりながら、
しっかり旨味があって、
尻上がりに調子を上げていく。
インパクト勝負のホームランバッターではなく、
ヒットを積み重ねていくような安打製造機。
出汁の感じに惚れ惚れしているうちに、
肉味噌の旨味、ゴマのやわらかな風味が、
着実に伝わってくる感じもいい。
ほどよくピリ辛で、どんどん夢中にさせる力がある。
汁まで完飲しても罪悪感なし。
それぞれの素材がその魅力を十二分に引き出されている一杯。

きっと日替わりランチも美味しいだろうし、
五目チャーハン、そしてもちろん、汁なし担々麺も美味いに決まってる。
悩ましいなあ。嬉しいけど。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

中国菜 随園

chugokusai zuien
〒813-0011 福岡県福岡市東区香椎4-15-18

電話 092-673-3118

営業時間 11:30:00 14:00:00

営業時間 22:00:00 22:00:00

※表記時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO