福岡スタートアップ2.0時代を象徴する、 スタートアップ支援の新拠点「FUKUOKA growth next」始動

#FUKUOKA#FUKUOKA

#FUKUOKA

#FUKUOKA

「クリエイティブ・エンターテイメント都市」福岡の人やコトを取材!これから、福岡でのビジネスや移住を検討している方へおすすめのニュースサイト。

平成24(2012)年の「スタートアップ都市」宣言から現在まで、約4年半に及ぶ福岡市のさまざまなスタートアップ施策の中でも、エポックメイキングな試みとなる「FUKUOKA growth next」。スタートアップカフェをはじめとするスタートアップ支援施設やコワーキングスペース、スタートアップ企業が旧大名小学校の1階から3階に入居し、この場所から福岡のスタートアップムーブメントを牽引していくプロジェクトです。平成29(2017)年4月12日(水)に施設オープンを迎え、当日の11時30分からはオープニングセレモニーを開催。多くの報道陣が詰めかけ、会場は熱気に包まれました。

セレモニーはまず、高島宗一郎市長のあいさつからスタート。市長は、FUKUOKA growth next開設への意気込みを、次のように語りました。

「現在のスタートアップの世界的潮流は、分散型ではなく、(関連施設が)一箇所に集中することによって化学反応を生み出すことにあります。このFUKUOKA growth nextには、同じ屋根の下にコワーキングスペースや雇用労働相談センター、DIY施設、バーなどが集まり、それぞれが混じり合う仕掛けが校舎いっぱいに詰め込まれています。チャレンジすることが尊敬される文化を、ここ福岡から日本全国へと発信し、世界へ伝えていきたいと思います」(高島宗一郎市長)

0412growthnext(見取り図文字入れ).png
(1階の見取り図。2階には29室のチームルーム(個室)、3階には13室のチームルームとシェアオフィスがあり、計100社を超えるスタートアップ企業が入居予定)

その後は、福岡市と共同でFUKUOKA growth nextの運営を行う福岡地所、さくらインターネット、アパマンショップホールディングス各社の代表者があいさつをしました。また、スタートアップを「攻め」「守り」の両面から支援するスタートアップカフェと福岡市雇用労働相談センター(FECC)からも、それぞれコメントがありました。

「平成26年の開所以降、スタートアップカフェでは約4,000件の相談が寄せられ、95社がここから創業を果たしました。福岡市の場合、ITと飲食、介護ビジネスの相談が多いのが特徴です。今後は、それぞれの分野に強いコンシェルジュにも加わっていただき、より強力なサポート体制を築いていきます」(株式会社九州TSUTAYA代表取締役社長 鎌浦 慎一郎氏)

0412growthnext03.JPG

「全国に先駆けて福岡から誕生した雇用労働相談センターも、開所から2年半が経過し、おかげさまで相談者件数は全国一、利用者からも高い評価をいただいてきました。ここは、何か問題が起きてしまった場合に法律的な対処ができるだけでなく、問題を未然に防ぐための法律相談も受け付けており、雇用契約書や就業規則のチェックも可能です。これからも、日本で最も“敷居の低い” 雇用労働相談センターとして、福岡のスタートアップシーンを側面から支えていきたいと思います」(代表弁護士 田邊 俊氏)

セレモニーの後は、施設内見学会を実施。1階にはスタートアップカフェの他、一般の方も自由に利用できる施設として、スペシャルティコーヒーを提供する「ハニー珈琲」、東京のスタートアップ界隈では話題のあの「awabar(アワバー)」も入居。また、平成24年に福岡で誕生し、現在は国内最大のC to Cハンドメイドマーケットに成長した「minne(ミンネ)」と、ホームセンター「グッデイ」によるアトリエ「GOODAY FAB DAIMYO × minneのアトリエ 福岡」も同時にオープン。運営を務めるファブラボ太宰府の中澤未来さんは、この施設の役割を次のように説明してくれました。

「ここでは、レーザーカッターや3Dプリンターといった、個人では購入や扱いが難しいデジタル工作機器を自由に使うことができます。スタートアップの卵とも言えるハンドメイド作家の製作支援や、ここに入居するスタートアップ企業が作るプロダクトの試作品製作などのサポートを行なっていく予定です」(ファブラボ太宰府 中澤 未来氏)

0412growthnext04.JPG

この日のイベントは2部制となっており、16時からは合計6つの会場を活用し、同時並行でさまざまなトークセッションが開催されました。メインセッションの一つ、「スタートアップの成長とその果てにあるもの」では、さくらインターネット株式会社フェローの小笠原治氏と株式会社ヌーラボ代表取締役社長の橋本正徳氏のお二人が、さまざまなゲストを交えながら福岡のスタートアップシーンの現状とその課題についてトーク。時折オフレコの内容も飛び出すテンポの良いトークで、会場を沸かせました。

0412growthnext05.jpg

21時からは、参加者によるネットワーキングパーティーへと突入。お酒の席で人と人とがつながり、実際のビジネスにまで発展するといった、福岡らしい一面を垣間見ることができました。

福岡のスタートアップシーンの新時代を支える、強力な支援拠点として始動した「FUKUOKA growth next」。ここから生まれてくる新しいプロダクトやサービスがどんなものになるのか、今後に期待しましょう。

0412growthnext06.JPG

【関連リンク】
FUKUOKA growth next(フクオカグロースネクスト)
https://growth-next.com

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO