「MIZUNO WAVE」誕生20周年モデル「MIZUNO WAVE GV」をナノ・ユニバースが別注した純白モデルが渋い!

BONDBOND

BOND

BOND

変革を恐れないオトナたちへ贈るフリーペーパー「BOND」。編集長による記事を抜粋してお届けします。

「MIZUNO WAVE」誕生20周年モデル「MIZUNO WAVE GV」をナノ・ユニバースが別注した純白モデルが渋い!

「MIZUNO」といえば、日本を代表するスポーツブランドだ。

昔は、「M」のマークがグローブについているのに、めちゃくちゃ憧れた。

しかし、当時、ミズノは「ランバード」という、シューズのブランドをリリースする。
個人的、陸上部だった自分は、このミズノが「ランバード」を作ったのが
当時、すごくかっこよくて、憧れたのを覚えている(30年前:笑)。

しかし、2013年、ミズノは、長年使って来た「M」のマークを廃して
全ての商品を「ランバート」マークに統一した。

今、ミズノ社のマークは、これである。

この、惑星の軌道からヒントを得たというマークは、世界戦略ロゴとなっている。

で、シューズブランドだった「ランバード」のマークを
全スポーツに製品に採用したのは、どんなスポーツも基本は「走る」ということからだという。

その「ミズノ」社は、完全に体育会小僧の専売特許で、
ファッションの世界とは無縁のものだと思っていたが、このほど

ナノ・ユニバースが別注をかけたことで、話題になっている。

それが、この「MIZUNO WAVE GV」のホワイトヴァージョン。

ミズノフットウェアの代名詞である「MIZUNO WAVE」誕生20周年を記念して発表された
この「MIZUNO WAVE GV」。この「GV」とは、
1987年に生まれたMIZUNOのランニングシューズ「AIR GENOVA(エア・ジェノヴァ)」の略称だ。

前ベラには、

MIZUNO 1905

という、老舗の覚悟を示す刻印!かっこいい!

ミッドソールのスポンジを極力削ぎ落とし、プレートを2枚重ねるという全く新しい発送で
2007年に発表されたこのテクノロジーは、現在も改良を重ねられている。

日本の「ミズノ」のテクノロジーが詰まった、
この「ギア!」な感じのかかと部分は、たまらない造形。

靴の側面には、我らが青春の「ランバード」マーク!

まだまだ、流れが終わりそうにない、スポーツスタイル。
人とカブりなしの、限定商品である「ホワイトバージョン」は、
ナノ・ユニバースでゲットできます!!
クラシカルな顔つきに、日本のシューズテクいのロジーの最先端!

日本最強スポーツブランド。
1906年に、野球用品からスタートしたブランドの強さと
今こそ、カッコいい「MIZUNO」は一足いかがだろうか?

◆お問い合わせ
ナノ・ユニバース カスタマーサービス
0800-800-9921

◆オンラインストア
http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999171151088

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • MINAMI TENJIN.COM
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO