男目線で巡る「かんもんエリア」ぶらり旅!飲め!食え!解放ツアー!

BONDBOND

BOND

BOND

変革を恐れないオトナたちへ贈るフリーペーパー「BOND」。編集長による記事を抜粋してお届けします。

男目線で巡る「かんもんエリア」ぶらり旅!飲め!食え!解放ツアー!

こんにちは。
BOND編集長です。

だんだん春が近づいてきましたね。
かくいう私は、花粉症歴33年目に突入し、今年も安定の薬漬け状態で、
なんとか凌いでいます。

さて、先日、北九州市と下関市が共同でやってる
「かんもんブランド事業」なる取り組みの一環として、
「かんもんモニターツアー」なるものに参加しました。

モニターツアーなので、
主催者側が、一番わかりやすい場所につれてってくれる、
いたれりつくせりのツアー。
そのかわり、拡散してね!ということなんでしょう。

正直、そんなにつまんなくても、シェアしようと思っておりましたが、
今回のモニターツアー、大牟田出身、京都の大学、福岡市内在住の40代男にとっても、マジで楽しかったんですよ。

つまり、何も予定がねぇな、今度の週末・・・
な福岡在住のみなさんに、うってつけです。

フォトジェニックな場所も、コトも満載で、
リア充アピールを生甲斐とするあなたのソーシャルライフにも
ぴったりフィットします!

というわけで、今回のツアー体験を通し、
BOND編集長推奨ツアーとして、
1泊2日に、まとめてみました!

◆1日目:午前9:30 小倉駅からスタート!

まずは「小倉城」へ!

え?城?
つまんなさそう?って。
まぁまぁ。

慶長7年(1602年)、細川忠興公が築城した小倉城は、
一回燃えてるから、建て替えてあります。
しかも、若干現代すぎる内装が、なんだかなぁなのですが、
どんな観光地も、これは見るべき!
というものがあります。

ビジネスの世界で戦う我々が見るべきはこれです。

「迎え虎」&「送り虎」

ど迫力!

小倉城の入り口と出口に一枚ずつあります。
高さ4.7×幅2.5m!!

まずは「迎え虎」!

この虎、目を合わせて、どの方向へ逃げても、目線が追ってくる!
ビジネスでも、狙った獲物を逃さない、
こういう「虎の目」が欲しいですね。

そして、中ざっと見たら、出口にこれ!

「送り虎」です!

いいですねぇ!これは、昭和3536年に描かれたものらしいけど、江戸時代からあるがごとき、佇まいです。

写真的には、こんな感じはどうでしょうか?
今回、同行した「TOGGY」さんと!ぐっとあおるのがオススメです(笑)、

この虎のおかげで、うん!城に来た!という感慨に浸れます。

あ、もちろん、こういう「SNS」的な写真も撮れる小倉城。
まずは、ジャブな感じでの「かんもんツアー」スタートです。

もちろん、つづく!!!

男目線で巡る「かんもんエリア」ぶらり旅!飲め!食え!解放ツアー!②はこちら!

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • シティ情報ふくおか
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • i.Design
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • 福岡大百科
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO