足取りも軽くなる!久留米市の賃貸物件に『studio nucca(ヌッカ)』と住人、ご近所さんで描くウォールアート

アナバナアナバナ

アナバナ

アナバナ

九州のワクワクを掘りおこす活動型ウェブマガジン。九州の企業や生産者の“しごと”を応援することで、九州を元気にするメディア。

アナバナの特集「日々のてまひまの日々」第6話でご紹介した福祉施設『studio nucca』さんが描く賃貸物件へのウォールアートがいよいよ完成間近とのことでおじゃましてきました。

 01階段ウォールアート1_680 02階段ウォールアート2_680 03階段ウォールアート3_680 04階段ウォールアート4_68002階段ウォールアート2_680

オーナー気分で描く街

 ウォールアートの原画として採用されたのは『studio nucca』のアーティスト石井さんのイラストです。学校やマンション、銀行、コンビニ、飲食店などの建物に、車や自転車、ハッピーなメッセージを放ちながら飛んでいる飛行機など、見ているだけでワクワクする街並みが軽快なタッチで描かれています。「僕が土地のオーナーになったつもりで描きました」と石井さん。「どんな建物があれば儲かるかな? どんな街なら人が集まるかな?」と想像を膨らませて、気負わず楽しみながら建物や乗り物を描き加えていったそうです。

イラストを担当した石井さん。イラストを担当した石井さん

真っ白な階段室の壁をキャンパスに

06プロジェクターの下絵1_680

 石井さんのイラストを配置する場所が決まったら、まずは現地の階段室に『studio nucca』の利用者さん達で下絵を描きます。階段室の左右の壁が今回のキャンパス。ここにプロジェクターでデザイン画を投影して、鉛筆で下絵のラインを描いていきました。これがなかなか至難の技。なんせ幅1メートルほどの狭い階段室、利用者さん自身の身体が影になって、デザイン画が見えなくなってしまうのです。「自分の影ができないようにしながら下絵を描くのが一番大変でした」と石井さん。みなさん、かがんだり横を向いたりとそれぞれ体勢を工夫しながら下絵を描かれていたようです。 07プロジェクターの下絵2_680

ついに寝転びながら描く利用者さんも!ついに寝転びながら描く利用者さんも!

利用者さん2人が1チームになって、毎日交代で下絵を描く作業をしていきました。作業が続くにつれ、居住者の子ども達が「なんの落書きしよると?」と話しかけてきたりして、地域のみなさんと触れ合う機会も少しずつ増えていったようです。

子ども達と一緒に描く 公開ウォールアート

利用者さん達が下書きをしている姿を羨ましそうに眺めていた子ども達。いよいよ「待ちに待った」公開ウォールアートの日がやってきました。小学生を中心に20名近くの参加者が集まり、朝早くから「待ちきれない!」様子でソワソワ。現場はとても賑やかです。はじめこそふざけ合っていた子ども達ですが、いざウォールアートを描き始めると真剣そのもの。ひたすら無言で集中していました。

09レクチャー中_680まずは『studio nucca』のスタッフさんがペンキの塗り方をレクチャー。子ども達は早く描きたくてウズウズしていました。

10ウォールアートこども1_680

11ウォールアートこども2_680

12ウォールアートこども3_680みなさん「壁に絵を描くのは、はじめて」と目を輝かせながら黙々と描いていました。
作業は午後も続きます。描いていくうちにどんどんコツを掴んできたようです。作業は午後も続きます。描いていくうちにどんどんコツを掴んできたようです。
15ウォールアート利用者_680はじめの線を描く人、擦れたペンキを修正する人など、作業を分担しながら手際よく進められていました。

14ウォールアート利用者1_680

16ウォールアート利用者_680

(17ウォールアート利用者さん4)

(キャプ)丁寧に少しずつ色を入れていきます。休憩時間になっても手がとまらないほどに集中されていました。

 アトリエ内での個人作業が多くなりがちな利用者さん達ですが、この日はお互いにフォローし合いながら、協力して描き上げていく姿がたくさん見られました。子ども達の元気に圧倒されつつも、いつもとは違う雰囲気を楽しんでいたようです。

 18バーベキュー1_680

19バーベキュー2_680公開ウォールアート初日はあいにく雨で中止。参加者のみなさんとBBQで交流しました。

 公開ウォールアートは、施設の利用者さんと子ども達とのふれあいだけでなく、居住者さん同士が繋がる場ともなっていました。「はじめて小学生のお兄ちゃん達と遊んだ」という小さな男の子もいて新たな交流も生まれたようです。自分たちの住まいに壁画を描くことで、マンションへの愛着も沸いたのではないでしょうか。

 20階段ウォールアート5_680 21階段ウォールアート6_680

22階段ウォールアート7_680物件のオーナーがサイクルショップを経営されていることもあって、至るところに自転車の絵が!何台あるか数えながら上がるのもいいですね。

 自分たちの手で少しずつ完成されていくウォールアートの街並みを目の当たりにして、利用者さんも子ども達も感慨深い様子。あとは微調整をして12月初めには完成する予定です。

23みんなでポーズ_680公開ウォールアート終了後、最後まで残っていただいた参加者さんと記念撮影。

■ウォールアートの階段室がある賃貸物件「セルフリノベーションコクブ」の情報をFacebookで発信中です

(取材/いはら)

このコンテンツパートナーの他の記事

  • 西日本新聞 ニュース
  • ファンファン福岡
  • avanti
  • 福岡テンジン大学
  • アナバナ
  • KIJI その一杯が食べたくて。
  • OREOKA.COM
  • モサオの福岡うまぃ店
  • 津屋崎ブランチ
  • Y氏は暇人
  • BOND
  • KOO-KIブログ
  • piQ
  • 九州お仕事モール
  • 能古島の歩き方
  • 未来会議室
  • いとゆる(糸島ゆるゆるライフ)
  • #FUKUOKA
  • 糸島パラダイス(糸島観光ガイド)
  • 古賀すたいる
  • 西新商店街
  • SWINGS
  • INOUT TIMES
  • TRIP OFF
  • 下野弘樹図鑑
  • Future Studio 大名
  • カクカクシカシマ 〜こういうことです志賀島〜
  • クリップ佐賀
  • 佐賀ポータル
  • 福岡移住計画
  • 3代目大名小僧の冒険
  • asianbeat FUKUOKA
  • アレルギーフリー食
  • 九州旅ネット
  • 哀れ飯〜結婚までの道のり〜
  • カゴシマニアックス
  • mymo
  • デクラス糸島
  • 熊本地震  いまできること
  • ベネの福岡!
  • KARNEL(カーネル)
  • サイエンスWAO